Number ExBACK NUMBER

「原さんはハワイ旅行だけど、僕はパーカー」徳本一善42歳はなぜ青学大・原晋監督を慕うのか「僕らは箱根駅伝の野党なんです」 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph byMutsumi Tabuchi

posted2022/01/01 11:04

「原さんはハワイ旅行だけど、僕はパーカー」徳本一善42歳はなぜ青学大・原晋監督を慕うのか「僕らは箱根駅伝の野党なんです」<Number Web> photograph by Mutsumi Tabuchi

今年箱根駅伝初出場の駿河台大学駅伝部・徳本一善監督。自身もかつては法政大学で箱根路を走り、その力走ぶりから「爆走王」と呼ばれた

「イワシは外敵から身を守るために群れる、大きく見せてビビらせようとする習性があると。それがなんかうちのチームっぽいなと思ったんです。まだ集まりかけているところも含めてね。駒澤なんてクジラみたいなものでしょ、青学はシャチですよ。でも俺らイワシみたいな奴らが戦わなくちゃいけない」

 ブルーインパルスというよりはブルーサーディンズ、もしくは青いイワシ軍団か。果たしてどんな愛称が根付くかは選手たちの走りいかんである。

「順位なんて知りません。弱いかもしれない」

「世間の期待は次、次、次って嵐のように来るわけですよ。それには選手はとても追いつけない。だから周りの期待に応えようとするのではなく、自分たちの最高のプレーをしようよとしか僕は言わない。順位なんて知りません。弱いかもしれない、20位かもしれないけど、どんな思いでこの1年やってきたか、選手たちの表情を見てほしいなと思います」

 かつての茶髪は黒髪に戻り、最近は白いものが混じるようになってきた。偽悪的でも、偽善的でもなく、選手を思う真っ直ぐな言葉は、まさしく監督のそれだった。

 発売中のNumber「箱根駅伝 エースにつなげ!」には別冊で、エントリー336名を反映させた選手名鑑がついています。

 別冊付録には、柏原竜二さん、神野大地さんらも寄稿してくれた「通が教える“僕だけの観戦法”」や、大迫傑さんから後輩たちへのメッセージ、相澤晃&伊藤達彦両選手に取材をした「大迫さんに続き、そして追い越すその日まで」、そして出場20大学の全主務が教えてくれた「我が校のいぶし銀エースを見よ!」も掲載。

 大充実の別冊付録、箱根駅伝のテレビ観戦の“相棒”としてお楽しみください。
#1から読む
“茶髪にグラサンで区間賞”箱根駅伝の異端児・徳本一善が経験した大炎上「批判が半端なくて、非国民みたいになりました」
この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3 4
徳本一善
駿河台大学
原晋
青山学院大学

陸上の前後の記事

ページトップ