濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

朝倉海「人生で初めて好きになったのが格闘技」目標のない普通の地方青年が“RIZINのトップ”にのし上がるまで《独占インタビュー》 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byTakashi Shimizu

posted2021/12/30 17:11

朝倉海「人生で初めて好きになったのが格闘技」目標のない普通の地方青年が“RIZINのトップ”にのし上がるまで《独占インタビュー》<Number Web> photograph by Takashi Shimizu

RIZINトップ選手として活躍する朝倉海。大晦日にはバンタム級日本トーナメントに登場する

狭い部屋で暮らした上京当初の日々

――闘って勝ち負けを競う、そのスリルですか。

朝倉 あとは自分の闘いを応援してくれる仲間がいて、自分が勝つことで友達も喜んでくれる。そういう感覚も初めて味わいましたね。

――朝倉兄弟は地方(愛知県)からの叩き上げという面もありますね。

朝倉 もともと恵まれた環境だったわけじゃないですからね。練習相手も少ない中で自分らで考えて強くなった。家も特にお金持ちじゃない。上京した時も、最初は狭い部屋に住んでました。ハングリー精神みたいなものは強いと思いますよ。『THE OUTSIDER』出身ということで注目もされるけど、他のプロ選手からしたら気に入らない部分もあったと思います。

――「朝倉兄弟、どれほどのものなんだ」と。

朝倉 「弱いくせに調子乗るなよ」みたいな声は凄く多かったです。だけど僕も負けず嫌いなので。そう言われたからこそ人の何倍も努力できる。絶対チャンピオンになれるんだっていう自信もありましたし。

「ファイター・朝倉海」の完成度が100%になることはない

――そもそも格闘技で上を目指すために地元から上京しているわけで、そういうところからも本気が分かります。“不良格闘技出身”や“YouTuberとしても人気”という話題性だけでは見逃してしまうものがありますよね。

朝倉 東京に来たのも、やっぱり自信があったからですね。RIZINとかで絶対活躍できる、有名になれるって兄弟揃って言ってました。「俺らはできる」と。

――成功という意味では、朝倉兄弟はすでに掴んでいるとも言えます。ファイターとしては、今の自分の完成度は何パーセントくらいだと思いますか。

朝倉 どうでしょうね。100%っていうことが、そもそもないと思うんですよ。総合格闘技は技術もどんどん進んでるので、常に成長していかなきゃいけない。昔のチャンピオンと今のチャンピオンを比べたら今のほうが強い、そういう世界だと思うんですよ。

――どこまでいっても100%がないから、努力し続けるしかないと。

朝倉 100%を目指すというより、昨日より強くなることでしょうね。一日一日、練習の中でもテーマをもって、1つでも何か収穫を得て帰る。ずっとその繰り返しですね。満足しちゃったら終わりです。

#1から読む《独占インタビュー》朝倉海が大晦日RIZINで“最強の証明”を誓う理由「勝っても評価が上がらない闘い。だから強くなれた」

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4
朝倉海
朝倉未来

格闘技の前後の記事

ページトップ