SCORE CARDBACK NUMBER

世界一の後輩に触発されて、三代大訓は正攻法の戴冠を目指す。

posted2021/12/23 07:00

 
世界一の後輩に触発されて、三代大訓は正攻法の戴冠を目指す。<Number Web> photograph by BOXING BEAT

12月2日、西谷に勝利した三代。高校時代は入江と同じ系列のジムに入門していた。現在はワタナベジムに所属

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph by

BOXING BEAT

 山陰地方はなぜか著名ボクサーが出ていなかったが、今年は入江聖奈が鳥取県初の五輪金メダリストとなり、大いに脚光を浴びた。そしてもうひとりこれに続くと期待されるのが、三代大訓(27)である。

 12月2日には後楽園ホールで元日本ライト級王者の西谷和宏と対戦。鳥取県倉吉市出身の西谷と島根県松江市出身の三代による珍しい“山陰対決”となった。

 西谷は前戦で現IBF世界王者尾川堅一と倒し合うも、判定負けを喫した関西の実力者。その相手に三代は危なげなく試合を運び、5回に倒した後、6回に鮮やかな右カウンターを決めて再びダウンを奪い、TKO勝ち。圧勝した三代がさらに評価を高める一戦となった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 615文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

三代大訓
西谷和宏
岡澤セオン

ボクシングの前後の記事

ページトップ