SCORE CARDBACK NUMBER

金メダルプロにアマの賞金ハンター。東京五輪で揺らいだアマプロ境界線。

posted2021/10/01 07:00

 
金メダルプロにアマの賞金ハンター。東京五輪で揺らいだアマプロ境界線。<Number Web> photograph by Ryosuke Menju/JMPA

スーパーヘビー級決勝でリチャード・トーレス(米国)に5-0の判定勝利を収めたバホディル・ジャロロフ(上)

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph by

Ryosuke Menju/JMPA

 東京五輪のボクシング、日本の金1(入江聖奈)、銅2(並木月海、田中亮明)の五輪ボクシング史上最多メダル獲得には驚いたが、これとは別に今大会、プロが多数参加していたという事実に常識を覆されるほどの意外さがあった。

 五輪にプロの参加を認めたのは前大会の'16年リオ五輪から。日本もこれに倣い、今大会の代表選考には元世界ミニマム級4団体王者高山勝成や元OPBF東洋太平洋ミドル級王者佐藤幸治が挑んで話題になった。

 しかし結局誰一人代表には残れなかった。県予選から始め、地域予選、全日本選手権とトーナメントを何度も勝ち抜く必要がある今の選考方式では、プロ活動を中断してトライする選手にはハードルが高すぎる。今後も制度としてプロの五輪参加は可能でも、実質無理というのが我々の認識だったのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 574文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

バホディル・ジャロロフ
岡澤セオン
田中亮明
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

ボクシングの前後の記事

ページトップ