Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[青森山田高の恩師が語る]田澤廉、氷点下の原点

posted2021/12/16 07:03

 
[青森山田高の恩師が語る]田澤廉、氷点下の原点<Number Web> photograph by Miki Fukano

数多くの代表選手を輩出してきたサッカー部グラウンドの周りに陸上部のトラックがある

text by

杉園昌之

杉園昌之Masayuki Sugizono

PROFILE

photograph by

Miki Fukano

残した逸話も規格外だった。レース直前にスマホ熱中、監督の目の届かないところでサボるが、後輩に名言を残し……。学生最速ランナーの母校を訪ねると、“速さの理由”が見えてきた。

 勝負の世界は勝ったものこそが強い――。学生長距離界で無双の強さを誇る駒澤大学の田澤廉が、幼少期から言い聞かされてきた父の教えである。生まれ育った青森で走っている頃から勝負強さは変わらない。

 2015年4月、駒大のOBでもある青森山田高の河野仁志監督は、八戸東運動公園で中学3年生の全力疾走に心を奪われた。フォームは前傾姿勢できれいとは言えなかったが、底知れぬ強さを感じ取った。

「初めて見た1500mのレースは前半から突っ込んで、後半には中学校時代に競り合っていたライバルをぐんと引き離したんです。いま駒澤で見せている走りと根底は同じ。荒削りでしたが、ガンガン攻めていく姿勢にぐっと惹かれました」

 春の八戸で衝撃を受けて以来、河野監督は中学生の田澤がエントリーしたレースには、どこへでも足を運んだ。同年7月に3000mで自己ベストの8分50秒09を出し、初めて全国中学生大会の標準記録('15年当時、8分59秒00)をクリアした瞬間も目撃した。脱帽したのは競り合う相手がいないなか、単独走でぐんぐんペースを上げた走りだ。ますます惚れ込んだ。それでも、地元の取り決めで、直接勧誘できるのは中学校3年の10月以降。それまではスタンドから熱視線を送り、視察に来ていることを本人にアピールするしかない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2398文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

田澤廉
青森山田高校
河野仁志
駒澤大学
大八木弘明

陸上の前後の記事

ページトップ