Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[東京五輪7位入賞]三浦龍司(順大)「箱根の失敗、パリの頂点」

posted2021/12/16 07:02

 
[東京五輪7位入賞]三浦龍司(順大)「箱根の失敗、パリの頂点」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

text by

太田涼(スポーツ報知)

太田涼(スポーツ報知)Ryo Ota

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

3000m障害で世界一を本気で狙う19歳がいる。五輪で彼が見せた無限の可能性の源はどこにあるのか。島根と京都で指導をした2人の恩師に話を聞いた。

 前には、誰もいなかった。

 8月2日、午後9時15分。東京オリンピックの陸上競技が開催されていた新国立競技場では、男子3000m障害の決勝がスタートした。

 同種目49年ぶりに決勝進出を果たしていた順天堂大学の三浦龍司は、600m付近で「中盤でもまれるよりも」とリスク回避のため先頭に立った。そこから約500m、時間にして約1分25秒。19歳の日本人ランナーが、ケニアやエチオピアの猛者を後ろに従えて世界のトップをひた走った。見る者を興奮させる、歴史的な時間だった。

 中盤でポジションを下げ、10位で突入したラスト1周で待っていたのは、初めて体感する爆発的なスパート合戦だ。その激しさは三浦の想像を超えていた。ラスト1周のタイムは、優勝したモロッコのスフィアヌ・エルバカリが57秒9、三浦は61秒1。「3秒2」という数字以上の差を感じながらも、前のランナー3人をかわして7位に入った。

 この種目で日本人初の入賞。現役の箱根駅伝ランナーが五輪のトラック種目で入賞するのは、1936年ベルリン大会の5000m&1万mで4位になった中大の村社講平以来、85年ぶりのことだった。

「入賞できたのはうれしいし、大きな成果だと思います」

 しかし、充実感と安堵の気持ちが全てではないのも確かだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4750文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

三浦龍司
順天堂大学
上ケ迫定夫
洛南高校
奥村隆太郎
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ