Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[スペシャル対談]大迫傑×田澤廉(駒大)「絶対エースは箱根を越えて」

posted2021/12/16 07:04

 
[スペシャル対談]大迫傑×田澤廉(駒大)「絶対エースは箱根を越えて」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

東京五輪で現役を引退した長距離界のパイオニアと、駒大の最強ランナーが箱根駅伝を前に初めて顔をあわせた。世界の舞台を見据える後輩に、先輩はどんな言葉を送ったのか。

 日本の長距離界を牽引してきた男が東京五輪を最後に現役を退いた。大迫傑、30歳。早大時代に箱根駅伝で活躍、その後はアメリカに渡り唯一無二の道を歩んできた。

 その姿に憧れ、大学駅伝界の主役に成長した選手がいる。駒澤大学・田澤廉、21歳。トラックのタイム、駅伝の実績の両面で大学長距離界ナンバーワンの選手であり、強気な言葉もビッグマウスと感じさせないキャラと、懐っこい笑顔も併せ持っている。

 初対面の2人の対談は、指導者との関係性など普遍的なテーマへと広がった。

太田涼(スポーツ報知)=司会

田澤 はじめまして。よろしくお願いしまっす……めっちゃ緊張してます(笑)。

大迫 僕が解説をしていた全日本大学駅伝の区間賞インタビューで、順大の三浦(龍司)君たちとは話せたのに、田澤君とはその時間もなかったからね。

田澤 大迫さんは日本の本当のトップで、自分もこうなりたい……いや、それを超えるような選手になりたいという最大の目標でもあるので、やっぱり緊張します。

大迫 でも、トラックの持ちタイムだってあんまり変わらないし。

田澤 それは……シューズやスパイクが進化したおかげという面もありますから。

大迫 瀬古さんなんかも冗談半分に「おれが厚底を履いたら」って話をするけど、ナイキの厚底が出る前だって、シューズは進化し続けてきたわけだし、「記録は記録」っていう超シンプルな捉え方でいいんだよ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 5142文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

大迫傑
田澤廉
駒澤大学
大八木弘明

陸上の前後の記事

ページトップ