Number on NumberBACK NUMBER

女子フィギュア10代の必然

posted2021/12/08 07:00

 
女子フィギュア10代の必然<Number Web> photograph by Getty Images

11月のロシア杯でも優勝を果たしたワリエワは2006年4月26日生まれの15歳。日本では中学3年生にあたり、玉井陸斗(飛込)、岡本碧優(スケートボード)らと同い年となる

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph by

Getty Images

 フィギュアスケートの女子で、ロシアのカミラ・ワリエワがすごい世界最高得点を出した。2021年-22年のグランプリシリーズの第2戦、スケートカナダにおいて265.08を記録したのだ。過去の記録を大幅に塗り替える、関係者をあっと言わせる点数だった。ロシアからはアリョーナ・コストルナヤ、アンナ・シェルバコワと、最近、次から次に10代のスケーターが記録していた過去の世界最高、および世界最高に近い得点は240点台だったから、ワリエワの265.08は、ずば抜けた世界最高得点だ。

 ワリエワは3回転アクセルと、4回転のジャンプでは、サルコウとトウループを跳ぶことができるだけでなく、フリーにおける5項目の演技構成点では、9.07から9.46という、芸術性の面で、歴代でトップを争うほどの評価をされているのだ。注目せざるをえないのは、スケートカナダが開催された'21年10月の時点で15歳6カ月だったことだ。北京五輪に出場する権利を獲得すれば、15歳10カ月で五輪を迎えることになるわけだが、すでに見せている演技内容を見る限り、金メダル候補の一番手にいることは、間違いないところだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1757文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

カミラ・ワリエワ
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ