格闘技PRESSBACK NUMBER

最強のプロレスラー・桜庭和志はなぜ試合中に微笑んだのか…「格闘技史に残る一枚」のカメラマンが語る“グレイシー狩り”の衝撃 

text by

長尾迪

長尾迪Susumu Nagao

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2021/12/04 17:02

最強のプロレスラー・桜庭和志はなぜ試合中に微笑んだのか…「格闘技史に残る一枚」のカメラマンが語る“グレイシー狩り”の衝撃<Number Web> photograph by Susumu Nagao

ホイス・グレイシーと死闘を繰り広げながら、なぜか「ニヤリ」と微笑んだ桜庭和志。飄々としてとらえどころのない強者の余裕が漂っていた

伝説のホイス戦、「桜庭のニヤリ」を撮れたワケ

 翌年2000年5月1日には、同じくヒクソンの実弟のホイスと対戦。ホイスのセコンドには、実父のエリオと、実兄で長男のホリオンが付いた。ホリオンはUFCの共同創立者であり、ブラジリアン柔術を世界的に広めた人物として知られる。ワンデイトーナメントにも関わらず、時間無制限などのルール変更や無理難題を桜庭はすべて受け入れ、この試合に臨んだ。

 この日の両者の入場シーンはPRIDE史上、最高の演出だった。ホイス陣営はいつものように“グレイシートレイン”で入場。選手とセコンド陣、関係者が両手を前の人の肩に乗せて一列になり入場するのだが、その人数は前回の高田延彦戦よりも明らかに多い。

 対する桜庭はたった3人だったが、全員が同じマスクを被っていた。プロレス界で一世を風靡したスーパー・ストロング・マシン軍団を真似たものだが、3人ともオープンフィンガーグローブを着用し、身体の同じところにテーピングを巻いていた。テーピングにはレフェリーのチェック済みのサインもあり、細部に至るまで抜かりがない。3人ともマスクを着けたままリングイン。観客の多くはマシン軍団の事を知っているので、この演出は大いに盛り上がったのだが、私は困っていた。なぜなら、桜庭がマスクを外す瞬間を撮影する必要がある。しかし3人とも体型が似ているため、誰が桜庭か分からないのだ。私は桜庭だろうと思われる選手に当たりをつけ、マスクを取る瞬間を狙ったが、予想はものの見事に外れた。

 ゴングが鳴り両者一進一退の攻防を繰り返す。得意のアームロックでホイスの右腕を捕らえた瞬間、桜庭はテレビカメラに向かってニヤリと笑顔を見せた。試合中に微笑むなんて普通の選手ではありえないことなのだが、これこそが桜庭の桜庭たる所以なのである。彼は飄々と、自分のペースで戦うことができる実力者なのだ。この試合は90分にわたる死闘となった。最後はホイスが戦意を喪失し、桜庭のTKO勝利。タオルを投げ入れたのは兄のホリオンだった。

 ところで、「桜庭のニヤリ」は一瞬のことだったが、私はこの場面を撮ることができた。ただ、この写真に関しては狙いすまして撮ったのではなく、偶然にも私の眼の前で起きたことなので、自然と体が反応しただけのことである。<後編に続く>

#2に続く「見てはいけないものを見てしまった…」桜庭和志と“戦慄の膝小僧”ヴァンダレイ・シウバの凄惨マッチでカメラマンが抱いた罪悪感

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
桜庭和志
ホイス・グレイシー
高田延彦
ヒクソン・グレイシー

格闘技の前後の記事

ページトップ