SCORE CARDBACK NUMBER

開幕ダッシュに成功したブルズ。シカゴで輝きを放つ“名脇役”

posted2021/12/06 07:00

 
開幕ダッシュに成功したブルズ。シカゴで輝きを放つ“名脇役”<Number Web> photograph by Getty Images

ブルズと3年保証の4年3700万ドルで契約したカルーソ。チームの好調を後押しし、既に欠かせない存在に

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

“ボルドマンバ”――ロサンゼルス・レイカーズ時代にファンがアレックス・カルーソ(現シカゴ・ブルズ)につけたあだ名だ。コービー・ブライアントのあだ名の“マンバ”に、禿を意味する“ボルド”。一見、褒めているのか馬鹿にしているのかわからないが、実際には愛情たっぷり。サラリーマンのような風貌で泥臭いプレーをする一方で、見かけによらない高い運動能力でダンクも叩き込むアンバランスな彼の魅力も反映したニックネームだ。

 11月15日、ブルズに移籍後初めてステープルズセンターに戻ったカルーソを、レイカーズのファンは喝采で迎えた。2ウェイ契約から本契約を勝ち取り、'19-'20シーズンの優勝にも貢献。レブロン・ジェームズとの相性もよかっただけに、今も、サラリー節約のために再契約できなかったことを嘆くファンは多い。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 541文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

アレックス・カルーソ
シカゴ・ブルズ
ロサンゼルス・レイカーズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ