SCORE CARDBACK NUMBER

“暗闇”練習の成果は如何に? モラントが具現化する反骨精神。

posted2021/11/21 07:00

 
“暗闇”練習の成果は如何に? モラントが具現化する反骨精神。<Number Web> photograph by AFLO

2019-'20シーズンには新人王を獲得したモラント(中右)。今季、キャリア3年目で通算1000アシストに到達した

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

AFLO

 ジャ・モラント(メンフィス・グリズリーズ)は夏の間、よく忍者の絵文字を使っていた。何の説明もなく忍者絵文字だけをツイッターに投稿した日もあれば、「暗闇へようこそ」との言葉が添えられたこともあった。

 モラントは「忍者」の意味については詳しく語っていないが、“暗闇”は人が見ていないときに行うトレーニングのことだと説明した。

「トレーニングの成果は、それを人に見せようが見せまいが、表舞台のコートに立ったときに明らかになるものなんだ」とモラントは言う。

 とすると、忍者は暗闇で密かに活動する者を意味しているのだろうか。実際、モラントはオフシーズンの練習写真や動画をSNSにほとんど投稿しない。それはサウスカロライナの小さな町で、元大学選手だった父のもと、練習に励んでいた少年期の日々に通じるものがある。大学に入るまで注目されることもなかったモラントには、「結果を出して世間を見返してやる」という反骨精神が身体にしみ込んでいる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 477文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ジャ・モラント
メンフィス・グリズリーズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ