Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[メジャーへの思いを明かす]鈴木誠也「トラウトにだって負けたくない」

posted2021/12/04 07:03

 
[メジャーへの思いを明かす]鈴木誠也「トラウトにだって負けたくない」<Number Web> photograph by KYODO

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph by

KYODO

日本を代表する最強の右バッターは最終戦の後、最後の空振りを悔いていた。好打者たちの頂点に立ってもなお、求道者は自身を「クソバッター」と評する。シーズン終了後に挑戦を表明したメジャーへの思いと彼が目指す理想を聞いた。

 去就に揺れる鈴木誠也は、シーズンが終わった11月中も雲隠れすることもなく、連日のようにマツダスタジアムに姿を見せた。シーズン最終戦から3日後には来季へ向けて始動していた。

「休んでいる時間なんてない。あの3打席は、今でも頭から離れません、最後の三振も……。映像で見たらそんなに分からないんですけど、感覚的にすごく突っ込んでいる。今までやってきたことができなくて、崩れたんです」

 下半身のコンディション不良もあり、2試合スタメンから外れていた鈴木は11月1日ヤクルト戦で先発出場し、3打数無安打に終わった。首位打者と最高出塁率のタイトル獲得が決まったものの、試合後は「今日でまた思い知らされました、自分がクソバッターだということを……」と吐き捨てるように言った。鈴木にしか見えていない景色があり、理想がある。

 かねて希望していた米大リーグ挑戦の扉が開いたのはシーズン終了から2週間後の同16日。広島球団がポスティングシステムを利用しての米大リーグ移籍を容認した。

「楽しんでやりたいというのは、正直ない。遊びに行くんじゃないし、勝負しに行かないといけない。英語もしゃべれないし、食事も不安。でも、やっぱり向こうでいろんな国の選手と戦えることが楽しいんじゃないかなって」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3581文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

広島東洋カープ
鈴木誠也
マイク・トラウト
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

プロ野球の前後の記事

ページトップ