Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[惜別インタビュー]斎藤佑樹「これからもずっと野球とともに」

posted2021/12/04 07:02

 
[惜別インタビュー]斎藤佑樹「これからもずっと野球とともに」<Number Web> photograph by Shigeyoshi Ohi

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Shigeyoshi Ohi

野球を始めて27年、プロ選手として11年、そのドラマチックな選手人生に終止符が打たれた。彼だからこそ重ねることができた経験を振り返り、いま必死に模索している“これから”を語る。

――引退して1カ月、野球をやめてから、どんなことを感じていますか。

「この前、テレビ番組の撮影で群馬にある母校の小学校へ行ったんです。今までも車で前を通ることはあったんですけど、校庭に入ったのは20年ぶりでした。運動場にマウンドがあって、そこに立ってみたら、小1から引退までの27年、野球をやってきたことがパンパンパンと浮かんできて……プレーだけじゃなく、親が送り迎えしてくれたときのこと、お弁当を食べたときのことが次々と浮かんできました」

――どんなお弁当だったんでしょう。

「おにぎりです。海苔を巻いて、具はおかかとか梅、あとは昆布だったかな」

――最初に「オレって、野球うまいな」と思ったのはいつ頃ですか。

「小学5年生くらいですかね。人よりもちょっとボールを遠くまで投げられたり、投げるボールが速いなって言われたりして、いつもの如く調子に乗りました(笑)」

――小1で野球を始めてから27年。斎藤さんは今、33歳ですから、27年経てば60歳になります。野球をプレーしてきた27年を終えて、これからの27年、どんな人生を送るイメージをお持ちでしょうか。

「60ですか(笑)。でも、確かに野球をやってきた日々を振り返るとあっという間だったので、それは怖い話ですね(苦笑)。この1カ月、目の前のことを消化するだけで精一杯になっているところもありますから、自分と向き合って、見つめ直す時間も予定として組まないとダメですね」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3826文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

北海道日本ハムファイターズ
斎藤佑樹
早稲田実業高校
早稲田大学

プロ野球の前後の記事

ページトップ