Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[若き日本の守護神]栗林良吏「悔いのない、でき過ぎな一年」

posted2021/12/04 07:05

 
[若き日本の守護神]栗林良吏「悔いのない、でき過ぎな一年」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

開幕から22試合連続無失点で新人記録を更新し、新人最多タイの37セーブを記録した鯉の若き守護神。1年目にして堂々たるマウンドさばきを見せ、東京五輪では胴上げ投手となった社会人ルーキーが、常に緊張と隣合わせだったという今季を振り返った。

 マウンドに向かう準備が整い、味方の攻撃が2死になると必ず1回、ブルペンのベンチに腰を下ろして出番を待つ。

「結構、僕、緊張するタイプなんです」

 プロ1年目からルーキーらしからぬマウンドさばきを見せてきた広島・栗林良吏投手の口から意外な言葉が飛び出してきた。

「だからブルペンで投げたままでマウンドに行くと、疲れ切ってしまうんです。それで1回落ち着いて、休憩してから行くようにしていました。マウンドに上がれば気持ちも自然と高まる。ならば肩だけしっかり作って、それから一度、気持ちを落ち着かせてからいこうと、かなり早い時期から、そういうルーティンになりました」

 そんなルーティンで登板した53試合。リーグ2位の37セーブを挙げ、新人記録の開幕22試合連続無失点、プロ野球歴代2位タイの20試合連続セーブを達成した。熱狂的な赤ヘルファンが待つ本拠地マツダスタジアムでは、27試合の登板でついに1点も失うことなくシーズンを終えている。

「おそらく今年の成績以上というのは、この先ももう出せないと思います。普通ならあのときこうすれば良かったとか、必ず後悔は出てくる。でも今年はそれを感じさせないくらいにでき過ぎの一年でした」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1784文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

広島東洋カープ
栗林良吏
甲斐拓也
岩瀬仁紀
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

プロ野球の前後の記事

ページトップ