Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[第4戦 KEYMAN]中村悠平「燕の要は攻めてこそ」

posted2021/12/03 07:04

 
[第4戦 KEYMAN]中村悠平「燕の要は攻めてこそ」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 またも1点差の接戦を制してヤクルトが王手をかけた。

「本当に競ったところで相手に1点を与えない、何とか1点を奪うというゲームが続けて出来ているのかなという気がします」

 試合後のお立ち台。勝利監督インタビューに答えた高津臣吾監督の第一声だ。

 1点を守り、1点を奪う。その高津野球の象徴的な存在が、守備の要として投手陣を引っ張る捕手の中村悠平だった。

 この日も先発左腕・石川雅規を大胆にリードした。当たっているオリックスの3番・吉田正尚の第1打席。内角シュートと外のスライダーでカウント1-2と追い込むと、見せ球も使わずすぐさま内角に決め球のシンカーを落としてまったくタイミングの合わない空振り三振を奪った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 786文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

東京ヤクルトスワローズ
中村悠平
石川雅規

プロ野球の前後の記事

ページトップ