熱狂とカオス!魅惑の南米直送便BACK NUMBER

《Jユースではなくブラジル》三都主の育成クラブに日本人16歳点取り屋が!「三都主さんの長男とチームメートで親友です」 

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph byASB

posted2021/11/24 17:04

《Jユースではなくブラジル》三都主の育成クラブに日本人16歳点取り屋が!「三都主さんの長男とチームメートで親友です」<Number Web> photograph by ASB

16歳の杉浦響君。ブラジルの地からプロを目指す

響「ブラジルでプロになりたい。FIFAの規約で、今は外国では18歳にならないとプロとしてプレーできないので、18歳になったらすぐにプロ契約してもらえるように。将来は欧州でプレーして、日本代表にも選ばれたい」

10代半ばにして両国のスタイルの違いを意識している

 10代半ばにして、すでに日本とブラジルのプレースタイルの違いを明確に意識しているのは大したもの。それは、これまでの海外での経験があるからだろう。

 日本のフットボール少年なら誰もが羨むような、極めて恵まれた環境にいるのではないか。のみならず、かつてボールを蹴った者で、今の彼の境遇が羨ましくて仕方がない人も多いに違いない(筆者もその一人だ)。

 とはいえ、ここからがプロになるための最も重要な段階。そして、実はプロになってからが本当の戦いだ。

 三都主アレサンドロは、ブラジル南部マリンガで生まれ育ち、16歳で日本へ渡り、高知の高校を卒業し、プロ選手になる夢を叶えた。一方、杉浦響君は、16歳になる直前に三都主とは反対のルートでマリンガへやってきて、三都主が立ち上げたクラブで修行を積んでいる。そして、三都主が日本へ渡ったのと同じ年齢に達した彼の長男が、チームメイトにして親友だ。

 フットボールを媒介として、地球の反対側に位置する日本とブラジルが、ここでも数奇な縁で結ばれている。

 ブラジルでプロを目指して奮闘する杉浦響君を、引き続き見守りたい。

<第1回、第2回へ>

#1から読む「トルシエ、ジーコはほぼ同様。でもオシムは…」三都主アレサンドロが語る《あの頃と今の日本代表/サイドバック論》

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4
三都主アレサンドロ
浦和レッズ
名古屋グランパス
清水エスパルス
栃木SC

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ