熱狂とカオス!魅惑の南米直送便BACK NUMBER

《Jユースではなくブラジル》三都主の育成クラブに日本人16歳点取り屋が!「三都主さんの長男とチームメートで親友です」 

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph byASB

posted2021/11/24 17:04

《Jユースではなくブラジル》三都主の育成クラブに日本人16歳点取り屋が!「三都主さんの長男とチームメートで親友です」<Number Web> photograph by ASB

16歳の杉浦響君。ブラジルの地からプロを目指す

響「みんな、速くてうまい。でも、自分のプレーもある程度は通用するという感触があった。競争が厳しいし、当時は言葉が全くわからなかったけれど、とても楽しかった」

――中学卒業後、日本では主な選択肢として、Jクラブのユースに入る、高校のチームでプレーする、という道があるわけですが……。

光「パンデミックで外国へ出るのが難しくなったこともあり、まず各地のJユース、高校のセレクションを受けさせました。

 あるJユースのセレクションに参加したところ、響と味方のパサーとの呼吸が合わない。パサーは、Jユースの選手でした。コーチからは、『響君が動き出すタイミングが悪い』と指摘された。ところが、響に言わせると、『僕が守備陣のウラを取っているのに、パスが出てこない。ブラジルでは出てきたよ』。

 日本では、リスクを冒してゴールにチャレンジするよりも、ボールを失わない安全なプレーを優先する傾向がある。こういうところが、日本の選手育成の問題点の1つかなと思った。結果的に、Jユースや高校のセレクションに合格したのですが、本人と相談した上で、三都主アカデミーへ本格的に留学させることにしました」

響「ブラジルでは、みんなうまいし、気持ちも強い。競争が激しいけれど、そういう厳しい環境でもまれたらきっと成長できると思ったので、父にそう伝えました」

アランは日本語も話せるので今では親友なんです

――ブラジルに到着したのは?

響「今年の5月末です。当時は15歳でした」

――すぐにチームに馴染めたのですか?

響「U-16のチームに入れてもらいました。少しずつサッカー用語を覚え、今では練習、試合ではほとんど困らないです」

――どんなチームですか?

響「マリンガで一番優秀な子が来ており、みんなプロを目指している。9月から10月にかけて行なわれた地域大会で、4戦全勝で優勝。僕は4試合すべてに先発し、5得点。チーム得点王でした。三都主さんの長男アランも、チームメイトなんですよ」

――すごい。アランはどんな選手?

【次ページ】 週末は三都主さんの家に招いてもらって

BACK 1 2 3 4 NEXT
三都主アレサンドロ
浦和レッズ
名古屋グランパス
清水エスパルス
栃木SC

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ