SCORE CARDBACK NUMBER

一軍登板は“わずか1試合”…日ハム・吉田輝星(20)に二軍コーチが“前代未聞のストレート縛り”を課したワケ

posted2021/11/15 06:00

 
一軍登板は“わずか1試合”…日ハム・吉田輝星(20)に二軍コーチが“前代未聞のストレート縛り”を課したワケ<Number Web> photograph by KYODO

吉田は3年目の今季、一軍では4月2日ロッテ戦の1試合のみ登板。二軍では6勝8敗1セーブで全日程を終えた

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

KYODO

 一軍での登板は1試合、勝ち星はゼロ――飛躍を期していた吉田輝星にとって、プロ3年目は不本意なシーズンとなった。しかしこの1年、吉田はやがて土の下から芽を出し、大輪の花を咲かせるために水と光、空気を与えられてきた。

「今年は二軍の試合でストレートだけを投げるよう課題を出されて、ああ、これは当分、一軍には行けないんだろうなと腹を括りました。一番長くて4回までストレートしか投げなかった試合もありましたからね」

 前代未聞のストレート縛りは、吉田の潜在能力を信じるからこその育成法だ。木田優夫二軍コーチが言う。

「相手がまっすぐしか投げてこないとわかっていても構いません。まっすぐを狙っているバッターにまっすぐを投げて空振りやファウルを取れなければ、一軍では通用しません」

“ストレート縛り”で気がついたこと

 開幕の時点ではローテーションの6番目に滑り込んだ。4月2日、札幌ドームでのマリーンズ戦に先発した吉田だったが、2回7失点でノックアウトされる。ここは付け焼き刃の調整ではなく、命綱であるストレートを根っこから鍛え直す必要があると判断され、吉田は二軍行きを告げられる。ただ、イースタンとはいえ公式戦での吉田に対するストレート縛りは、ファイターズの本気度を示していた。吉田が言う。

「最初は興味本位で何だか楽しそうだなって思ったんスけど(笑)、そんなに簡単じゃないことがすぐにわかりました。だから僕、3つのことを考えました。まずストレートの中で緩急をつけること。できるだけ本気の球を見せずにこんなもんかと思わせといて、一発ぶち込む。次に四隅の投げ分けを大事に考える。3つ目はいかに力感なく、全力で投げられるか。宮西(尚生)さんから『お前は8割の力で投げられれば最強や』って言われていて、でも8割で投げると8割の球しかいかないイメージだったんスけど、練習してるうちに力の入れどころがわかってきたんです。そこからまっすぐだけでも抑えられるようになりましたね」

 今年は二軍で6勝を挙げ、8月にはファーム月間MVPも受賞。水と光と空気が花を咲かせる日も近い。

「雑草魂がありますからね。そこは僕の原点なんで……ギューンって砂埃舞うような、そんなイメージで投げないとやってられませんよ(笑)」

松坂大輔 平成の怪物のすべて。

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 1039

松坂大輔 平成の怪物のすべて。

【ロングインタビュー】
「衝撃デビューから引退まで」

【ダイスケを語ろう】
片岡篤史/松中信彦
清原和博/黒木知宏
上原浩治/斉藤和巳
東尾修/桑田真澄

【唯一無二の関係】
イチローvs.松坂大輔

定価:本体640円(税込)目次ページへ

関連記事

吉田輝星
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ