Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[チームメイト、監督が語る]横浜高校「背番号1を追いかけて」

posted2021/11/06 07:02

 
[チームメイト、監督が語る]横浜高校「背番号1を追いかけて」<Number Web> photograph by Yoshihiro Koike

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph by

Yoshihiro Koike

1998年に春夏甲子園完全制覇を成し遂げた横浜高校野球部。真夏の決勝戦をノーヒットノーランで締めくくった背番号1は、甲子園のマウンドから一躍スターダムの階段を駆け上がった。プロでもチームメイトとなった戦友、ベンチから送り出した恩師、エースを救った練習パートナーは、その姿をどう見つめていたのか。

 16年に及ぶ後藤武敏のプロ野球の現役生活、その始まりと終わりには忘れられない松坂大輔の言葉がある。

 横浜高校から法政大学を経て2003年、西武に加わった後藤は開幕スタメンに抜擢される。一塁に向かう後藤に、先発投手の松坂から「頼むぞ!」という声が飛んだ。

「ぼくのプロ野球人生は、あのひと声から始まったんです。同時にポンと背中を押された感触を、いまでも忘れていません」

 そして15年後、DeNAでの引退を決め、会見を翌日に控えた夜、後藤が自宅でテレビをつけると甲子園で投げる中日、松坂の姿があった。復活のシーズン6勝目を挙げた彼は、マイクに向かって噛みしめるように語った。

「(引退する)彼らの分も気持ちを込めて、ぼくはもう少しがんばるよ」

 それはまぎれもなく高校時代からの仲間、後藤に向けられた言葉だった。

「その日は松坂の誕生日だったんですが、まさかそんなこと言うなんて……」

 後藤は絶句し、涙が止まらなくなった。

 振り返ると松坂は、その言葉や表情によって仲間を救い、奮い立たせてきた。

 延長17回に及ぶPL学園との激闘のときも、そうだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3682文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

松坂大輔
横浜高校
後藤武敏
常盤良太
渡辺元智

高校野球の前後の記事

ページトップ