Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[ライバルが明かす松坂との物語(1)]片岡篤史「野球人生で唯一良かった空振り」

posted2021/11/04 07:03

 
[ライバルが明かす松坂との物語(1)]片岡篤史「野球人生で唯一良かった空振り」<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

片岡は松坂の浮き上がるような高めの直球を豪快にフルスイングして三振。松坂はこの日最速の155kmを記録した

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

鳴り物入りでプロ入りしデビューしたルーキーとの初対決は、パ・リーグを代表する強打者にとって大きな刺激となった。燃え尽きるまで戦い抜いた怪物の姿はどう映っていたのか。

 2021年7月6日、片岡篤史はインターネットのニュースサイトでそれを知った。

 松坂大輔が現役を引退するという。

「複雑だったよ。俺が彼の人生に何か言う筋合いはないんだけど……、1年目のイメージが強いだけに、良いときの松坂のまま辞めた方がよかったんじゃないかとか、スターにはボロボロになってほしくないとか、彼の進退に関するニュースを見るたびにそう思ってきたから」

 郷愁も憧憬も悲哀も等分に入り混じった感情の源泉をたどってみると、やはり初めて遭遇したあの日の松坂があまりに眩しかったからだということになる。

「野球人生で、空振りして良かったなと思ったのは、あの打席だけだから」

 1999年4月7日、片岡はデビュー戦を迎えた松坂と対峙した。日本ハムファイターズの主砲は第1打席、2ストライクと追い込まれた。そこからが勝負だった。西武ライオンズの大物ルーキーは怖いもの知らずの直球で勝負してくると読んでいた。

 果たして、18歳の松坂はありったけの速球を投げ込んできた。片岡はどんぴしゃりのタイミングで振り出した。しかし、バットは内角高めに浮き上がるようなボールに空を切った。鼻っ柱をこっぱ微塵にしてやろうとフルスイングした片岡は、その勢いで尻もちをついた。そして電光掲示板に表示された155kmを呆然と見上げた。その三振は後に松坂の衝撃的なデビューを象徴するシーンとなった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1792文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

松坂大輔
片岡篤史

プロ野球の前後の記事

ページトップ