SCORE CARDBACK NUMBER

崖っぷち森保ジャパンに提言。次戦に向けて見直すべきは……。

posted2021/10/31 07:00

 
崖っぷち森保ジャパンに提言。次戦に向けて見直すべきは……。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto/JMPA

11月のベトナム戦へ望みをつないだ森保監督。移動が続くアウェー戦を前にコンディショニングの改善が急務だ

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto/JMPA

 コンディショニングの勝利でもあった。2敗してもう後がないアジア最終予選、ホームのオーストラリア戦。森保一監督率いる日本代表は終盤にオウンゴールで勝ち越して、難敵から勝ち点3をもぎ取った。よく走り、よく拾い、よく闘った。コーチングや鼓舞する声もよく出ていた。心身の強度を保ち続けたことが幸運を呼び寄せた。

 高温多湿の環境下であったアウェーのサウジアラビア戦から長距離移動を含めて中4日。西から東に移動するほうが体にはキツく、過去の代表もこのパターンには細心の注意を払ってきた。体の負担を減らすため、ドバイ経由のチャーター機で移動。飛行機内では基本的に日本時間に合わせて過ごしてもらう。代表チームで蓄積されている時差対策がうまくいったと推察する。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 576文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

森保一
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ