SCORE CARDBACK NUMBER

守護神に母国が大ブーイング。ブッフォンとドンナルンマの隔絶。

posted2021/10/30 07:00

 
守護神に母国が大ブーイング。ブッフォンとドンナルンマの隔絶。<Number Web> photograph by Getty Images

ネーションズリーグ準決勝のドンナルンマ。スペインのフェラン・トーレスに2得点を許し、欧州王者が1-2で敗退

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph by

Getty Images

 ミラノで行われたネーションズリーグ、イタリア代表のGKドンナルンマが母国のサポーターからブーイングを浴びた。22歳の守護神は今夏ミランとの契約を延長せず、フリーでPSGに移籍。ミラニスタの怒りは今もおさまらない。

 涙を見せたGKを見て思い出したのは、20年前のブッフォンのことだ。

 '01年の夏、ブッフォンは13歳から育てられたパルマからユベントスに移籍した。当時のブッフォンも23歳と若く、すでにイタリアの将来を背負う選手だった。あの頃のパルマは強豪で、'00-'01シーズンは4位でCL出場を決めている。カンナバーロ、テュラム、センシーニらがいる堅い守備陣の最後尾で、果敢にセーブをみせる若者の姿は印象的だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 611文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ジャンルイジ・ドンナルンマ
ACミラン
パリ・サンジェルマン
ジャンルイジ・ブッフォン
パルマ
ユベントス

海外サッカーの前後の記事

ページトップ