Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[独占インタビュー]久保建英「日本代表と自分の未来について」

posted2021/09/24 07:02

 
[独占インタビュー]久保建英「日本代表と自分の未来について」<Number Web> photograph by Getty Images

text by

中西哲生

中西哲生Tetsuo Nakanishi

PROFILE

photograph by

Getty Images

日本-マジョルカ-日本-カタール、1カ月半の間にこれだけ移動をしながら11試合をこなした久保建英。しかもそこで高いパフォーマンスを見せ続けた。W杯最終予選の中国戦では、試合終了のホイッスルが鳴るまで、何度も突破を試みた。多くの人が、彼の成長を日本代表の未来に重ねたいはずだ。東京オリンピック後、マジョルカで2試合を終えたところで、自分のサッカーと代表のこれからについて何を考えているのかたずねた。

 20歳の久保建英のひとつの目標であった東京オリンピック。U-24代表は、ベスト4に進出するも、残念ながらメダル獲得には至らなかった。ただその中でも、久保は全6試合にスタメンで出場し、グループステージにおいては3試合連続先制ゴールという確かな足跡を残した。

 休む間もなくスペインに戻った久保は、一昨シーズンレンタル移籍でプレーしたマジョルカのピッチに再び立つことになった。

 すると開幕戦から途中出場し、すでにチームの中心として一回り成長した姿をマジョルカサポーターに見せている。そんな彼に東京オリンピック、日本代表、いま自分自身が取り組んでいることを聞いた。

――今季、2シーズンぶりにマジョルカでプレーすることになりました。2試合プレーしてみて、率直な感想はいかがですか。 

「監督の求めていることがよく分かってきたのと、試合前に『こうしてほしい』とか、『期待しているから頑張ってほしい』ということを積極的に言ってくれるので、自分としても頑張ろうという気持ちになれます。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 7472文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

久保建英
マジョルカ
カタールW杯
ワールドカップ
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ