欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

アーセナルOB「トミはファンのハートを鷲掴みに」 冨安健洋22歳、スタンディングオベーションも当然な「4つの好プレー」《現地レポート》
 

text by

田嶋コウスケ

田嶋コウスケKosuke Tajima

PROFILE

photograph byREX/AFLO

posted2021/09/13 17:03

アーセナルOB「トミはファンのハートを鷲掴みに」 冨安健洋22歳、スタンディングオベーションも当然な「4つの好プレー」《現地レポート》<Number Web> photograph by REX/AFLO

エミレーツスタジアムのピッチに立った冨安健洋。デビュー戦にしてすでに主力の風格があった

「トミはアーセナルサポーターのハートを」

「トミは自信に満ちたプレーでアーセナルを好転させた。チームが3連敗中という厳しい状況でプレッシャーがかかり、デビュー戦としては理想的ではなかったが、素晴らしいパフォーマンスを披露した。守備面では1度だけロングボールの処理で危ないシーンがあったが、冷静に対応してピンチにしなかった。8回中7回も空中戦に勝利したのは、屈強揃いのプレミアリーグでやっていけることの証(あかし)だ。

 さらに感銘を受けたのはオーバーラップ。絶妙なタイミングで駆け上がり、ノリッチに脅威を与えていた。交代時、スタンドから“トミ! トミ! トミ!”の掛け声が聞こえた。ノリッチ戦のパフォーマンスで、アーセナルサポーターのハートを鷲掴みにした」

負の流れを変えるきっかけを作ったのは間違いない

 チームは開幕戦からの連敗を3で止め、最下位から脱出。今季リーグ戦で初ゴールを記録し、さらに初の完封勝利を収めたことで、エミレーツ・スタジアム周辺に漂っていた失望感は少しばかり和らいだ。アルテタ監督も、肩にのしかかっていた重圧がちょっとだけ軽くなったのではないだろうか。

 そんな負の流れを変えるきっかけを作ったのが、新戦力の冨安であったのは間違いない。プレミアデビュー戦としては最高のスタートとなった。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4
冨安健洋
アーセナル
ミケル・アルテタ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ