バレーボールPRESSBACK NUMBER

西田有志が振り返る東京五輪ベスト8とブラジル戦の涙、愛着あるジェイテクトを離れイタリアへ「常識にとらわれたくない」 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byItaru Chiba

posted2021/08/12 17:03

西田有志が振り返る東京五輪ベスト8とブラジル戦の涙、愛着あるジェイテクトを離れイタリアへ「常識にとらわれたくない」<Number Web> photograph by Itaru Chiba

イタリア移籍を発表したバレーボール日本代表・西田有志。東京五輪の経験をパリにつなげるため、挑戦を選んだ

 迫力あるプレーや言葉のチョイスは、豪快なイメージを与えるが、西田は繊細な一面もあわせ持つ。

 海外リーグでのプレーに本格的に興味を持ったのは、代表デビューした2018年だが、簡単な決断ではなかった。

「正直、不安要素が多くて。この身長(186センチ)で通じるのか通じないのかわからない。だけど、誰もやったことがないからこそやってみたいという気持ちがあった。不安と、やってみたいという感情が入り混じっていました」と振り返る。

 その時、背中を押してくれたのが、かつてジェイテクトでともにプレーしたマテイ・カジースキだった。カジースキはセリエAや欧州チャンピオンズリーグで幾度も優勝経験のある世界的名プレーヤーだ。

「軽く『行ってみたいんだけど』と聞いてみたら、すごく真剣に、『絶対にトライしたほうがいい。成功するしないじゃなくて、1年でもいいから行ったほうがいい』と言ってくれて、それがすごく心強かったんです。長年行かないと意味がないというようなイメージもありますけど、僕はそういう考えはなくて、1年行くだけでも絶対に変わると思うし、変わらないといけない。カジースキ選手も同じ考えで、そういうふうに言ってくださったことに、すごく背中を押されました。本当に自分に自信をくれた方です」

 オポジットは基本的にはサーブレシーブに参加せず、一番に得点力を求められるポジション。西田はVリーグの中でも小柄なほうだ。まして身長2メートル以上の選手が居並ぶセリエAで、186センチのオポジットは初めてかもしれない。

 だが不安要素だったその身長も、今では、「この身長で、イタリアで活躍したという歴史を残したい。この身長でも通用するという希望を与えられるような人間になりたい」というモチベーションに変えた。

「今ある常識や固定観念にはとらわれたくない。単純に、自分がやりたいようにやるだけ」

 西田はそうやって今までも見えない壁を打ち破ってきた。高校からVリーグに入った時も。代表に初招集された時も。

【次ページ】 ブランコーチの当時の評価

BACK 1 2 3 4 NEXT
西田有志
ジェイテクトSTINGS
ビーボ・ヴァレンティア
石川祐希
マテイ・カジースキ
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後の記事

ページトップ