審判だけが知っているBACK NUMBER

<私が裁いた名勝負>試合後、敗れたロシターもサムズアップ。 

text by

石井宏美

石井宏美Hiromi Ishii

PROFILE

posted2021/07/27 07:01

<私が裁いた名勝負>試合後、敗れたロシターもサムズアップ。<Number Web>

漆間大吾さん

語り継がれる名勝負をその演者のひとり、審判が振り返る。彼しか知らない新たな景色が見えてくる。

2021年 Bリーグファイナル2020-21第3戦
千葉ジェッツ 71対62 宇都宮ブレックス
6月1日/横浜アリーナ

レギュラーシーズン首位で平均失点最少の宇都宮と、平均得点2位の千葉が激突。1勝ずつで迎えた決戦は、序盤から拮抗した展開のまま50対50で第4Q突入。残り4分半、千葉は速攻から富樫が決めて3点リード。宇都宮は差を詰められず、逆に残り38秒で追加点を食らい力尽きた。

   ◇

 日本生命Bリーグファイナル2020-'21の宇都宮ブレックスvs千葉ジェッツは、シーズンを締めくくる集大成でした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1550文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<オリンピック開幕直前特集>東京に、凱歌を。

関連記事

漆間大吾
宇都宮ブレックス
千葉ジェッツ
ライアン・ロシター

バスケットボールの前後の記事

ページトップ