GO FOR TOKYO 2020BACK NUMBER

「何も怖くない」167cm“国内最強”司令塔・富樫勇樹はエース八村、渡邊、馬場を活かせるか? 狙うのは「スピードのミスマッチ」

posted2021/07/19 11:00

 
「何も怖くない」167cm“国内最強”司令塔・富樫勇樹はエース八村、渡邊、馬場を活かせるか? 狙うのは「スピードのミスマッチ」<Number Web> photograph by Tomohiko Tagawa

身長167cmの小柄な司令塔は、格上だらけの五輪挑戦に燃えている

text by

青木美帆

青木美帆Miho Aoki

PROFILE

photograph by

Tomohiko Tagawa

 時は2019年7月。1カ月後に自身初のワールドカップを控えた富樫勇樹は、強化合宿中に右手を骨折した。診断は全治2カ月。本番の出場は難しいと医師に宣告された。

「みなさんが思うほどすごく落ち込んだりはしなかったんです。ケガした直後にトレーナーと『折れてたらアウトだね』と話をしていて、覚悟ができていましたし。本番も『ここに自分がいたら……』なんてことはまったく思わず、一ファンのような気持ちで観戦していました」

 しかし、富樫の感情はほんの一刻だけ激しく揺れていた。

「(フリオ・)ラマス監督に『チームから離れなければならない』と報告したときは……。ほぼ全試合スタートで使ってもらっていたのに、本番に出られないのかと。あのときばかりは悔しさと寂しさを感じました」

 あれから2年。当時の悔しさを胸に、富樫がいよいよ世界に挑戦するときが近づいてきた。

「力の差があって当たり前だから、怖くない」

 身長167cmと小柄ながら“国内最強”の称号を持つ司令塔は、得点源となる八村塁、渡邊雄太、馬場雄大にいかに気持ちよく点を取らせるかにフォーカスする。その上で「どの国も俊敏さよりサイズアップを優先させてくるので、スピードのミスマッチが起こる可能性は高い」と、自身の武器であるスピードをフルに生かす所存だ。

 予選で対戦する3チームは、世界ランク42位の日本にとっては総じて超格上。ワンサイドゲームになる可能性は当然あるが、富樫は意に介さない。

「力の差があって当たり前だから、何も怖くありません。これまでやってきたことを全力でぶつけたら、どれだけ通用するか……むしろ楽しみしかありません」

 その心は、強敵に挑む少年漫画の主人公のように高鳴り、燃えている。

富樫勇樹YUKI TOGASHI

1993年7月30日、新潟県生まれ。米モントロス・クリスチャン高、bj秋田、テキサス・レジェンズ(Dリーグ)を経て、'15年より千葉ジェッツでプレー。今シーズン初のリーグ優勝を遂げた。PG。167cm、65kg。

大特集!「走る」。――日本最高のランナーは誰だ?

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 1030

大特集!「走る」。
――日本最高のランナーは誰だ?

日本最高のランナーは誰だ !

【日本選手権ドキュメント】 100mに懸けた男たち
多田修平/山縣亮太/桐生祥秀/小池祐貴/サニブラウン

【独占密着】 大迫傑「アリゾナから決戦へ」

【五輪女王の秘密】 高橋尚子/野口みずき

【マラソン最強対談】 瀬古利彦×谷口浩美

【最速王座談会】 伊東浩司×朝原宣治×為末大

【徹底分析】 ウサイン・ボルト「人類最速を科学する」

定価:本体640円(税込)目次ページへ

関連記事

富樫勇樹
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バスケットボールの前後の記事

ページトップ