審判だけが知っているBACK NUMBER

<私が裁いた名勝負>ホイスの策は戦前から、それを超えた桜庭。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

posted2021/07/13 08:00

<私が裁いた名勝負>ホイスの策は戦前から、それを超えた桜庭。<Number Web>

島田裕二さん

語り継がれる名勝負をその演者のひとり、審判が振り返る。彼しか知らない新たな景色が見えてくる。

2000年 PRIDE GRANDPRIX 2000 決勝戦 準々決勝
桜庭和志 対 ホイス・グレイシー
5月1日/東京ドーム/桜庭のTKO勝ち

人を食ったマスク3人組で入場した桜庭だが、序盤は得意の柔術で組み立てるホイスが優勢に。しかし2Rで道衣脱がし、3Rには道衣をつかんだヒザ蹴り、そして執拗なローキックを繰り出す桜庭が徐々に試合を掌握。7R開始前にホイス陣営がタオルを投げ入れ90分の熱戦が決した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1598文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

島田裕二
桜庭和志
ホイス・グレイシー

格闘技の前後の記事

ページトップ