SCORE CARDBACK NUMBER

148cmの紅絹が貫いたキック愛。小さな身体で集めた大きな敬意。~キックボクシングレジェンドの引退~

posted2021/07/12 07:00

 
148cmの紅絹が貫いたキック愛。小さな身体で集めた大きな敬意。~キックボクシングレジェンドの引退~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

後楽園ホールで小林と引退エキシビションマッチを行なった紅絹(右)。試合後は多くの後輩から花束が贈られた

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph by

Susumu Nagao

 最近、10カウントを鳴らすベテランが多い。6月19日には北川“ハチマキ”和裕が引退試合。カーフキックを効かせ、5年ぶりの勝利とともに有終の美を飾った。7月22日には“ハードパンチャー”前口太尊もラストマッチを迎える。6月18日には、長年女子キックボクシングを牽引し続けた紅絹(もみ)が引退。所属ジムの後輩・小林愛三とガチンコ引退エキシビションを行なった。

 紅絹は身長148cmと小柄。リーチも長くない。そんな身体的なハンディを補うべく、抜群のステップワークを駆使したアウトボクシングと無尽蔵のスタミナを武器に、試合終盤に対戦相手を蟻地獄に陥れるような頭脳戦を得意としていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 630文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大特集!「走る」。――日本最高のランナーは誰だ?

関連記事

紅絹

格闘技の前後の記事

ページトップ