プロ野球PRESSBACK NUMBER

「彼の言葉が心に刺さったんだ」大活躍マーティンの原点とは? 安田尚憲ら若手の成長にも貢献…すべてはマリーンズのために

posted2021/06/21 11:02

 
「彼の言葉が心に刺さったんだ」大活躍マーティンの原点とは? 安田尚憲ら若手の成長にも貢献…すべてはマリーンズのために<Number Web> photograph by Sankei Shimbun

来日3年目で初の月間MVP(3月〜4月)に選ばれるなど、攻守に躍動するレオネス・マーティン。安田ら若手へのアドバイスにも積極的だ

text by

梶原紀章

梶原紀章Noriaki Kajiwara

PROFILE

photograph by

Sankei Shimbun

 その献身的な姿勢にファンは「神」と崇める。千葉ロッテマリーンズで3年目を迎えるレオネス・マーティン外野手だ。今シーズンは4番だけではなく、攻撃的2番としてチームの勝利に貢献し続けている。

 打撃だけではない。野球ファンなら誰でも知っているのが肩。12球団屈指の強肩で何度となくホームで走者を刺し、窮地を救ってきた。もちろんライトがマーティンだから他球団も簡単にはホームを狙えない。

 そして、つねに相手の油断、隙を探っている。一つ先の塁を狙う走塁。守備でも簡単には長打を許さない。アグレッシブな守りを見せる。

 なかなかお目にかかれないシチュエーションだが、いつだってライトゴロも狙っている。4月13日の仙台でのイーグルス戦ではライト前にヒットを打った辰己涼介外野手がオーバーランをする瞬間を見逃さなかった。レーザービーム発動。すかさず一塁へ返球しアウト。攻撃的な守備で窮地をしのいだ。その貢献度は計り知れない。

「いいチームメートであれ」

 そんなマーティンの野球哲学における原点を聞いてみた。するとあるメジャーリーガーの名前が出てきた。

 ネルソン・クルーズ外野手。レンジャーズ、マリナーズ時代のチームメートだ。マーティンがキューバからアメリカに渡った1年目の2011年。チームメートとして色々とアドバイスをくれた存在。忘れられない言葉がある。

「なあ、レオネス。いいチームメートであれ。チームを尊重し、チームメートを尊敬しなさい。そしてつねに全力プレーを忘れないように」

【次ページ】 たた必死に打って、守っていた

1 2 3 4 NEXT
千葉ロッテマリーンズ
レオネス・マーティン
ネルソン・クルーズ
安田尚憲
アデイニー・エチェバリア

プロ野球の前後の記事

ページトップ