GO FOR TOKYO 2020BACK NUMBER

「結果はよくても内容はよくなかった」 ソフトボール上野由岐子らに続く左腕、後藤希友が語る五輪への思い

posted2021/06/14 11:00

 
「結果はよくても内容はよくなかった」 ソフトボール上野由岐子らに続く左腕、後藤希友が語る五輪への思い<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

後藤希友はソフトボールの五輪代表に選出され、上野や藤田に続く投手としての期待を背負う

text by

後藤茂仁(Number編集部)

後藤茂仁(Number編集部)Shigehito Goto

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

「上野(由岐子)さんや(藤田)倭さんが先発する試合の中で、ピンチをしのいだり、リリーフに回ったりする場面が多いと思うので、与えられた役割を果たしていきたい」

 ソフトボール日本代表のダブルエースである上野、藤田に続く3人目として五輪代表入りした左腕は、力強くそう語る。

 中3の時に史上最年少でU-24代表入り。速球派として学生時代から注目を浴び、現在では日本人サウスポー最速とも言われる110km台前半の直球を最大の武器とする。

「実業団のレベルだと110km台にいかないと長打も打たれますし、まずは持ち球の質をよくすることを考えて、すごく練習しました。同時に高校まではしてなかったウエイトトレーニングもするようになって、確実にパワーアップはしたと思います」

「“活きのいい”ピッチングをしたいと思います」

 昨季は9戦5勝0敗で日本リーグの新人賞を受賞。防御率1.42は日本人選手でトップの成績だが、本人は「結果はよくても内容はよくなかった。多くのことが学べたシーズンでした」と話す。

 同じトヨタ自動車にはアメリカ代表のエース、モニカ・アボットも所属し、彼女からも多くのことを学んでいるという。

「同じサウスポーですけどタイプは違う。でも、試合に臨むときの気持ちの作り方や、点を取られた後の立ち直り方、主にメンタルについて話を聞いて勉強しています」

 今季はそうした学びの成果が表れていると自信を見せ、五輪への思いをこう語った。

「勝負強さを見せたいですし、気合の入ったピッチングで、見てくれる皆さんに『この子すごいな』って印象を残せる、“活きのいい”ピッチングをしたいと思います」

後藤希友Miu Goto

2001年3月2日、愛知県生まれ。中3でU-24日本代表に選出。東海学園高3年のインターハイで準優勝。卒業後トヨタ自動車に入社。打撃も得意で「いつか二刀流にも挑戦したい」と話す。左投左打。174cm。

ウマい騎手ってなんだ?~日本ダービー直前競馬総力特集~

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 1027

ウマい騎手ってなんだ?
~日本ダービー直前競馬総力特集~

【大本命の勝算】
エフフォーリア&横山武史「無敗二冠へ、怖いものなし」

【トップジョッキー大研究】
武豊の4000勝騎乗論
ルメールは何が凄いか
川田将雅の「原点」
福永祐一の1週間

【ノンフィクション】
トウカイテイオーの血脈を追って

【パラ連載最終回】
香取慎吾

定価:本体640円(税込)目次ページへ

関連記事

後藤希友
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ