濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

中村倫也と宇佐美正パトリックがLDH“所属”に…白濱亜嵐も「誇らしいよ」と語る格闘技への“ガチ度”とは? 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byAbemaTV.inc/荒金大介

posted2021/05/24 11:00

中村倫也と宇佐美正パトリックがLDH“所属”に…白濱亜嵐も「誇らしいよ」と語る格闘技への“ガチ度”とは?<Number Web> photograph by AbemaTV.inc/荒金大介

LDHの新たな“所属メンバー”となった宇佐美正パトリック

白濱亜嵐「所属だもん。誇らしいよ」

 オーディション参加は試練であると同時に大きな刺激にもなった。目標はと聞けばみんなが「世界一」、「UFCチャンピオン」と答える。無謀すぎて笑われるような夢を堂々と語る仲間たちがいてよかったと中村は言う。彼らに溶け込みながら、契約選手として引っ張らなければという思いもあった。

「これが所属(の実力)です」

 試合を終えた中村は会心の笑顔を見せる。傍にいたのは白濱亜嵐だ。

「(自分たちと同じLDH)所属だもん。誇らしいよ」

 最終審査試合では、THE RAMPAGEとGENERATIONSのメンバーが交替でセコンドにもついていた。判定では手を合わせて祈り、KOには立ち上がってガッツポーズ。選手たちに対して「男として尊敬の思いしかない」とRIKU(THE RAMPAGE)は言った。

 選手たちの頑張りに胸を打たれたのはEXILE HIROも同じだったようだ。試合後すぐ、合格者を決める会議が始まる。選手と取材陣は結果が出るのを待っていたが、収録再開時間は2度の延長となった。中村と宇佐美の合格は文句なしだったが、それ以外の選手を簡単に「失格」と判断できなかったのだ。

「今までにない集団になってもらえたら」

 協議の末に決まったのは、5名を「仮契約」とすること。EXILE HIROはこれまでの経験から「チームの強さ」を重視しているという。

「チームって凄く人を育てるし、チームのためにと思ってやると最終的に本人も強くなるんです。お互い切磋琢磨して、今までにない集団になってもらえたら」

 「LDH FIGHTER BATTLE AUDITION Ⅱ」の開催発表とともに『格闘DREAMERS』シーズン2放送も決定。プロデビューなど契約選手の活動や仮契約者の再チャレンジ、新たな参加者を追っていく。その先、来年春ごろには興行開催も計画しているという。

「選手のみなさんが集中して格闘技に打ち込んで、引退した後も安心できる仕組み作りをしていきたい。そういう意味でも興行は大切なんです」(EXILE HIRO)

 育成から試合、それに(たとえば指導者などの)セカンドキャリア。入口から出口まで、格闘技界、格闘家の人生にまるごとコミットしようというわけだ。「芸能事務所に何ができる」と思ってしまう格闘技ファンもいるはずだが、そこも視野に入っている。

【次ページ】 コア層も切り捨てるつもりはない

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
中村倫也
宇佐美正パトリック
LDH
高谷裕之

格闘技の前後の記事

ページトップ