Beyond The GameBACK NUMBER

コロナ禍で問われるNPBの「行政手腕」。~具体策なしのトップに求めるもの~

posted2021/03/25 07:00

 
コロナ禍で問われるNPBの「行政手腕」。~具体策なしのトップに求めるもの~<Number Web> photograph by KYODO

昨年、プロ野球とJリーグの「新型コロナウイルス対策連絡会議」後の会見に臨む斉藤コミッショナー(右端)

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

KYODO

 改めてあの時の言葉を思い出す。

「私には権限も金もない」

――2004年の球界再編騒動。選手会とファンの猛烈な突き上げの中で、当時の根來泰周コミッショナーが吐き出した本音だった。

 騒動が一段落した翌年、根來さんは日本記者クラブで講演を行っている。そこで再編騒動を踏まえて、これまでは「司法」の役割しかなかったコミッショナーの権限を「行政」にも拡大して、企業で言えばCEO的な役割を担わせることの必要性を説いていた。

 何か問題が起これば法の執行者として監視、制限、許可、処罰等の「司法的役割」を担うのがそれまでのコミッショナーに与えられた権限だった。しかし再編騒動を乗り越えて、これからは事が起これば球界全体の利益や社会的な役割を果たせるように「行政的役割」へと権限を広げる。「権限も金もない」コミッショナーの惨めさを一番、痛切に味わっていたのは根來さん自身だったからである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 909文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

エースを生きる~田中将大とパ・リーグ熱投伝説~

関連記事

根來泰周
斉藤惇
原辰徳

プロ野球の前後の記事

ページトップ