SCORE CARDBACK NUMBER

覚醒した“鯉のプリンス”、堂林翔太のセンター中心主義。~去年の14本のホームラン~

posted2021/03/20 07:00

 
覚醒した“鯉のプリンス”、堂林翔太のセンター中心主義。~去年の14本のホームラン~<Number Web> photograph by KYODO

昨季走攻守で成長を見せた堂林。18失策は両リーグワーストながら、一塁手としては65試合出場で無失策だった

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

KYODO

 球史を紐解くと『プリンス』と呼ばれた選手が何人か挙がってくる。古くは'60年代、“甲子園のプリンス”と騒がれた太田幸司、'70年代に“慶應のプリンス”と呼ばれた山下大輔、'80年代には“球界のプリンス”と称された原辰徳がいる。'90年代は“虎のプリンス”新庄剛志が、2000年代には日本語バージョンのプリンス、“ハンカチ王子”の斎藤佑樹が一世を風靡した。

 そして2010年代と言えば“鯉のプリンス”、堂林翔太である。一軍デビューを果たしたのが3年目の2012年、堂林は全試合に出場して、チーム最多となる14本のホームランを放った。同時にエラーが多く、三振も多い堂林の派手なプレーは、カープファンの心を惹きつけた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 619文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

広島東洋カープ
堂林翔太

プロ野球の前後の記事

ページトップ