欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

長谷部誠「次が最後の1年」と言い続けて…37歳の今も現役&契約延長 もはや“悟りの境地”レベル 

text by

中野吉之伴

中野吉之伴Kichinosuke Nakano

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2021/03/13 17:02

長谷部誠「次が最後の1年」と言い続けて…37歳の今も現役&契約延長 もはや“悟りの境地”レベル<Number Web> photograph by Getty Images

長谷部誠のプレーは、日々円熟している印象だ

「現役を辞めた後もサッカーは続けると思います。でも」

「サッカーの楽しみ、サッカーをする喜びというのは若い頃とは全然違う感覚があります。若い頃は単純にサッカーをすることが楽しかったけど、いまは上手くいかないとサッカーを辞めなきゃいけない、そういう高いレベルでプレーできていますから。

 現役を辞めた後もサッカーは続けると思います。でも、高いレベルでプレーできるか、どうか。引退を考える年齢に近づいている中、プレッシャーがありながらも、自分の中でプレッシャーとともに楽しみとか喜びを感じているんです。プレッシャーがあるから逆に一瞬一瞬が、1日1日の練習が愛おしく感じると言うか……。日々が大切に思える。そういう部分では、若い頃とはサッカーとの向き合い方が変わってきています。皮肉なことに、終わりが見えることで、サッカーができる喜びをより噛み締めている感覚です」

 研ぎ澄まされた感覚を大事にケアし、一回り以上も離れた若手選手と一緒に切磋琢磨し、ポジションを奪い合い、出場機会を勝ち取り、リーグで4位と結果も残している。そんな選手がほかにいるだろうか。

「新しい発見だらけで、楽しいですけどね」

 プレッシャーを楽しむと言っても、実際にやるのは簡単ではない。

「クラブを背負っている部分がありますし、チーム内でもライバルとの競争があるので、そういうプレッシャーはあります。でも、ある意味開き直っているというか、自分の肩に勝手に乗せていた重りを取りながら、最近は気分良くプレーできているんです。経験とか落ち着きで、サッカーってこんなにうまくいくんだなって。そういう意味では、この年になっても新しい発見だらけで、楽しいですけどね」

 もはや、悟りを開いてしまっているのではないかと思えてしまう。

 来年のこの時期、どんなタイトルの記事が出ているのだろうか。長谷部自身は「最後のシーズンだと思って常に戦っているので」「僕の気持ちとしては次が最後の1年になると思う」と言っているが、それは、ここ数年ずっと聞いている言葉だ。

 来年は38歳。さらに1年の契約延長は難しいと思いつつも、頭の片隅では「いやいや、0.01%の逆転劇もあるんじゃないのか」とさえ思ってしまう。そんな夢をみさせてくれる長谷部誠という選手は、ただただ偉大である。

「8時間睡眠と日本食で“心身を整え”、ドイツ語も「お堅いけど」流暢… 長谷部誠は“969歳の聖人級”に愛される」も関連記事からご覧になれます>

 

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3 4
長谷部誠
フランクフルト

海外サッカーの前後の記事

ページトップ