SCORE CARDBACK NUMBER

原点は現役時代の失投にあり。吉井理人が教える「強い球」。~原辰徳の満塁打と佐々木朗希が磨く球~

posted2021/03/06 07:00

 
原点は現役時代の失投にあり。吉井理人が教える「強い球」。~原辰徳の満塁打と佐々木朗希が磨く球~<Number Web> photograph by Sankei Shimbun

現役24年で日米7球団を渡り歩いた吉井(右)。コーチとしても日本ハム、ソフトバンクに続きロッテが3球団目

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Sankei Shimbun

 マリーンズのピッチングコーチを務める吉井理人が以前、こんな話をしてくれたことがある。

「インコースを狙ったまっすぐがど真ん中に行ったらバッターには一番打ちやすい球になる。でも、それが強い球ならファウルになりますよね。だから普段から強い球を投げる練習をせなアカンと言っています」

 吉井の脳裏に刻まれているのは現役時代の記憶だ。'89年の日本シリーズ第5戦、バファローズの2番手、吉井は7回、満塁でジャイアンツの原辰徳を迎える。ここで吉井は原にストレートを続けた。初球こそインハイへ抜けたものの、突こうとしたのはすべてアウトコース。そして6球目、吉井はインコースを狙う。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 634文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

HONDA F1戦記1964~2021

Sports Graphic Number 1022

HONDA F1戦記
1964~2021

 

関連記事

吉井理人
千葉ロッテマリーンズ
原辰徳
佐々木朗希

プロ野球の前後の記事

ページトップ