メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

ダルビッシュの「プレーオフ進出確率」は90%… では、「地区優勝に1番近い」日本人選手は誰か? 

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2021/02/18 17:02

ダルビッシュの「プレーオフ進出確率」は90%… では、「地区優勝に1番近い」日本人選手は誰か?<Number Web> photograph by Getty Images

今季からパドレスに入団したダルビッシュ有は、日本時間18日にアリゾナ州ピオリアでキャンプインした

 単純に個人WARの合計がチームWARになり、その合計が高ければ高いほど予想順位も上がるわけで、たとえば「FanGraphs」に掲載されている日本人選手と彼らが所属するチームのWARは以下のようになる(Number Web以外でご覧になっている方は下の「関連記事」から一覧表をご確認ください)。

 あくまで、選手たちの過去の成績と年齢等の傾向に基づいた予想だ。筒香、秋山両外野手については、主に昨季の60試合という少ないサンプルから算出された数値であり、まだMLBで実績のない澤村、有原両投手については「日本ではこのぐらいだったから、MLB基準に修正して算出すればこうなる」という期待値に近い。

予想を覆した「カブスとダルビッシュ」

 ダルビッシュ、前田両投手以外の予想WARの数値が少ないことをネガティブに捉えるのは簡単だが、それは「順位予想」と同じで簡単に覆ることだ。たとえば昨季、カブスは選手たちの合計WARが「予想」では低かったため、NL中地区で下位になるだろうとされていた。しかし、投でダルビッシュ、打でイアン・ハップ外野手がシーズン前の「予想WAR」を上回って、それぞれサイヤング級&MVP級の活躍を見せたおかげで、地区優勝を果たしている。

 ファンの人々にとっては大谷、筒香、秋山の3選手の数値や、彼らが所属するチームの低い予想順位は受け入れられるものではないだろうが、予想はあくまで予想に過ぎない。

 我らが日本人選手たちが予想を覆し、彼らがプレーするチームが挙ってプレーオフ進出を果たす日が来ることを期待するのみである――。

関連記事

BACK 1 2 3
ダルビッシュ有
前田健太
澤村拓一
大谷翔平
筒香喜智
秋山翔吾
菊池雄星
有原航平
パドレス
ツインズ
レッドソックス
エンゼルス
レイズ
レッズ
マリナーズ
レンジャース

MLBの前後の記事

ページトップ