Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

愛すべき戦術家、ユルゲン・クロップの正体。~情熱のマネジメント術~

posted2021/02/18 07:00

 
愛すべき戦術家、ユルゲン・クロップの正体。~情熱のマネジメント術~<Number Web> photograph by Getty Images

時に熱く時に冷静な戦術家、ユルゲン・クロップは広く世界中に愛されている

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph by

Getty Images

この男なくして、近年のリバプールの成功はあり得なかった。熱い言葉とアクションで選手とファンのハートをつかみ、CLとプレミアリーグのタイトルをもたらした「インクレディブル・ワン」の、素顔と頭の中に迫る――。

 敗れたあとの振る舞いにこそ、監督の真価が現れる。

 2015年12月、リバプールはアウェーでワトフォードに0-3で敗れ、ユルゲン・クロップ監督就任から約2カ月、一進一退を繰り返していた。予定されていたクリスマスパーティーは、キャンセルになると思われた。

 だが髭面のドイツ人監督は、こう呼びかけた。

「みんなでできることは一緒にやるのが私のモットー。今晩においてそれはパーティーだ。お酒を飲んでもいい。でも午前1時前に帰るのは許さない」

 後にこの一件を伝えたデイリー・ミラー紙は「なんて上司だ!」と称賛した。

 これまでクロップは「敗戦後」にたくさんの伝説を残してきた。'16年のヨーロッパリーグ(EL)決勝でセビージャに1-3で敗れたときは、試合後のロッカールームで「これは終わりではない。始まりだ!」と鼓舞した。試合後の慰労パーティーで誰よりも先に踊り出したのは監督だった。

 '18年のチャンピオンズリーグ(CL)決勝でレアル・マドリーに1-3で打ちのめされたときは、「俺らはクールであり続けるぜ」と熱唱する動画を投稿した。

 '18-'19CL準決勝第1レグ後には、バルセロナに0-3で惨敗したにもかかわらず、ロッカールームで選手たちを絶賛した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4970文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<プレミア最前線>不死鳥リバプール大研究
リバプール
ユルゲン・クロップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ