欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

【引退】浮気、喫煙、退場、太りがち…だけどルーニーは天才だった クリロナや香川真司を輝かせた奥義とは 

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2021/01/30 06:01

【引退】浮気、喫煙、退場、太りがち…だけどルーニーは天才だった クリロナや香川真司を輝かせた奥義とは<Number Web> photograph by Getty Images

ダービーの監督に就任したルーニー。新たな才能を育てることはできるか

 いつしか存在感も薄れ、2016-17シーズン限りでユナイテッドを退団。古巣エバートンに戻った後、アメリカのDCユナイテッドを経由し、2019年8月にイングランド・チャンピオンシップのダービー・カウンティ移籍が発表され、そして今年1月15日、監督に就任した。

はたしてどの名将に学ぶのだろうか

 16歳でプレミアリーグにデビューしたルーニーは、気がつけば35歳。監督キャリアを刻む年齢になっていた。いったい、どのような指導者になるのだろうか。なにかにつけて厳しかったファーガソンを踏襲するのだろうか。「彼と過ごした2年間は人生の宝物。最高の監督」と信頼するルイス・ファンハールに近づこうとするのだろうか。

 ダービーで研鑽を積んだ後、カルロ・アンチェロッティの下でマネジメント、マルセロ・ビエルサの下で高度な戦略・戦術を学ぶ人生設計も悪くない。

むしろエバートンの監督でマンUをやっつけては

 そして、いつの日かユナイテッドの……。いや、ルーニーは反骨の人だ。ユナイテッドのようなビッグクラブを率いるイメージがない。できるもならエバートンの監督に就任し、ユナイテッドをやっつける。

 そのとき、スタンドに陣取ったファーガソンが、苦虫をかみつぶしたような表情をしていたら、さぞかし気分がいいじゃないか!

関連記事

BACK 1 2 3 4
ウェイン・ルーニー
マンチェスター・ユナイテッド
ダービー

海外サッカーの前後の記事

ページトップ