欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

【引退】浮気、喫煙、退場、太りがち…だけどルーニーは天才だった クリロナや香川真司を輝かせた奥義とは 

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2021/01/30 06:01

【引退】浮気、喫煙、退場、太りがち…だけどルーニーは天才だった クリロナや香川真司を輝かせた奥義とは<Number Web> photograph by Getty Images

ダービーの監督に就任したルーニー。新たな才能を育てることはできるか

 フットボールに純粋だったからなのか、常に勝利を求め、ひたすら闘っていたからなのか。ルーニーがボールに触れる度にサポーターのボルテージが上がった。デイビッド・ベッカム、ポール・スコールズ、ライアン・ギグスといった生え抜きのスターにはない泥臭い魅力を、多くのファンが支持していた。

ファンデルサール「GKでも超一流だったんじゃ」

 ユナイテッドで同じ釜の飯を食い、現在アヤックスでCEOを務めるエドウィン・ファンデルサールが、ルーニーとのエピソードを語っていた。

「ワッザ(ルーニーの愛称)はフットボールの申し子だよ。どのポジションをやらせてもうまいからね。ある日の練習ではシュートを次々に止め、PKまで防いだ。GKをやっても超一流になっていたんじゃないかな」

 ファンデルサールが証言したように、ルーニーはスーパーマルチだった。

 トップでもシャドーストライカーでもウイングでも、ゲームプランに則って貢献できる。スコールズが衰え、アンデルソンの活躍が長く続かなかった2010年代の前半には、中盤のセンターまで務めたほどだ。

ロナウドも香川もルーニーの万能性に助けられた

 また、彼の万能性に助けられた新加入選手も少なくない。右も左も分からず、なおかつユナイテッドならではのプレッシャーに苛まれた多くのスターを、ルーニーは救ってきた。ロビン・ファンペルシ、ディミタール・ベルバトフ、カルロス・テベスがスムーズにチームにフィットできたのは、彼らの特性をいち早く理解したルーニーのセンスがあったからだ。

「どのタイミングで、どこにボールが欲しいのか、ルーニーはすぐに理解してくれた。特別な選手のひとりだよ」

 ベルバトフはいまでも感謝の言葉を惜しまない。

 さらに、守備を疎かにしがちなクリスティアーノ・ロナウドが活躍できたのもルーニーがふたり分の仕事量をこなしていたからだ。2012-13シーズンのノリッジ戦で香川真司がハットトリックを記録した際も、十分すぎるほどお膳立てしている。

とはいえ、ルーニーの適性はやはりFWなのだ

 とはいえ、ルーニーの適性はやはり前線である。

【次ページ】 ファーガソンとはソリが合わなくなった

BACK 1 2 3 4 NEXT
ウェイン・ルーニー
マンチェスター・ユナイテッド
ダービー

海外サッカーの前後の記事

ページトップ