SCORE CARDBACK NUMBER

コロナ禍のロシア選手権は新旧“3人娘”の異次元の戦いに。【フィギュアスケート】

posted2021/01/30 07:00

 
コロナ禍のロシア選手権は新旧“3人娘”の異次元の戦いに。【フィギュアスケート】<Number Web> photograph by KYODO

発熱しながら臨んだSPはノーミスの演技で80.31点。FSも183.79点をあげ、計264.10点で3連覇したシェルバコワ

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph by

KYODO

「4回転2本」を武器にした女の戦い。それが今季のロシア選手権の頂点をかけた攻防だった。

 表彰台の3人全員が、フリーで4回転2本を入れたパーフェクト演技を披露。壮絶な精神戦となった。

 今季の勢力図は、チーム移籍とコロナ感染の2つの要因で大きく変動した。昨季、エテリ・トゥトベリーゼの門下生で注目を集めた“3人娘”のうち2人がエフゲニー・プルシェンコのもとへ移籍。巨匠対決がクローズアップされた。

 ところが移籍したアリョーナ・コストルナヤはコロナ感染のため欠場。アレクサンドラ・トゥルソワは11月に負傷し、ロシア選手権は4種類持つ4回転のうちルッツのみの戦いに。さらに残留組のアンナ・シェルバコワは11月に肺炎を患い、試合当日も発熱が収まっていないと現地のメディアが報道した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 564文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

カミラ・ワリエワ
マイア・フロミフ
ダリア・ウサチョワ
アンナ・シェルバコワ

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ