スポーツ百珍BACK NUMBER

最強助っ人クロマティが一刀両断! 日本野球とメジャーの違い「ワンショット」とは【菅野智之は巨人残留】

posted2021/01/08 18:06

 
最強助っ人クロマティが一刀両断! 日本野球とメジャーの違い「ワンショット」とは【菅野智之は巨人残留】<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

YouTubeチャンネルの企画に合わせて日米プロ野球の違いを語ってくれたウォーレン・クロマティ

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

巨人で大活躍したウォーレン・クロマティさんとのYouTube連動企画記事を、全2回にわたって公開します!(前編はこちら)

 伝説の外国人プロ野球選手ウォーレン・クロマティが突如、自身のYouTubeチャンネルとの連動企画として「クロマティプロ野球アウォーズ」と銘打って、注目している日本人選手を一気に挙げてもらった。その話の際に何度か気になったことがある。クロマティが「メジャー視点」で日本人選手を観察していることだ。

 例えば捕手の甲斐拓也については“投手に対するコミュ力の高さ”を「メジャーのキャッチャーと日本のキャッチャーって考えが全然違って、彼(甲斐)みたいな働き方は絶対しないよ」と評したり、「坂本がもし大リーグでプレーするなら、彼のボールの投げ方だと、セカンドが合っているかな」とも分析していた。

 巨人で偉大な成績を残したクロマティだが、大リーグ時代にもシーズン3回の2ケタ本塁打を放ち、6シーズンも100試合以上出場した実績を持つ。

 そこでメジャー挑戦を目ざす澤村拓一や有原航平、一方でポスティングを利用したものの2021年も日本球界でプレーすることになった菅野智之や西川遥輝の評価も含めて――日本とアメリカの野球の違いを、今回も一問一答形式(ちょいちょい混じる本人の日本語はカタカナ、通訳さんの日本語訳は普通に表現)で聞いてみよう。

コミュニケーションこそが大事なんだ

――「クロマティプロ野球アウォーズ」で、クロマティさんには柳田選手のスイングなどメジャーとの違いについて少し触れてもらいましたが……。

クロマティ:そうだね。そう言えば西川(遥輝/日本ハム)もメジャーに行きたいということで、ポスティングを申請していたね(その後残留を発表)。彼もスピードがあるし、技術は持っているので、持っている力を出せればある程度活躍できるのでは、と思っていた。ただ、その「持っているポテンシャルが出せるか出せないか」がすごく大事なんだ。そのためには、とにかくコミュニケーションを取れるかだ。

――やはり同僚との意思疎通がポイントになると。

【次ページ】日本でも同じことが言えると思わないか?

1 2 3 4 NEXT
ウォーレン・クロマティ
菅野智之
澤村拓一
有原航平
松坂大輔
田中将大
城島健司
井口資仁

プロ野球の前後の記事

ページトップ