Number Web MoreBACK NUMBER

【波乱の箱根駅伝】4区で逆転1位の創価大・嶋津雄大「目の病気で、70m廊下を往復してた高校時代」 

text by

林田順子

林田順子Junko Hayashida

PROFILE

photograph byTakeshi Nishimoto

posted2021/01/02 15:00

【波乱の箱根駅伝】4区で逆転1位の創価大・嶋津雄大「目の病気で、70m廊下を往復してた高校時代」<Number Web> photograph by Takeshi Nishimoto

第97回箱根駅伝で4区を走り、トップになりチームの往路初優勝に貢献した創価大・嶋津雄大(3年)

先輩に「嶋津うるさかったよ」。

 それでもタイムへの思いは強かった。大手町で嶋津は1秒を削り出すように、大きく胸を突き出し、ゴールした。

「ガッツポーズする人もいると思うんですけど、自分は最初からポーズは取らないと決めていました。だって、その余裕があるなら、コンマ1秒でもタイムを削れますよね。自分は醜くてもいいから、最後の最後まで削り出したいんです。だから、後からゴールでちゃんと胸を突き出していた写真を見て、俺ちゃんとできていたんだな、よかったってホッとしました」

 ゴール後のインタビュー。テレビで息を切らしながら、話す嶋津の姿を観た人も多いだろう。だが、あれは号泣したせいだったと嶋津は笑う。

「涙が止まらなくて、ずーっと1人で『ありがとうございます! ありがとうございます!』って泣き叫んでいたらしくて。あとで米満(怜)先輩に『誰にお礼言ってるんだよ、っていうぐらい、嶋津うるさかったよ』って言われました(笑)。

 号泣すると頭が真っ白になるじゃないですか。あのインタビュー中も何も考えられなくて、しかも僕、こんな感じでマシンガンみたいに話すので、息が続かなくて、だから途中ハーハー言ってたんです(笑)」

高校時代からチャレンジャーだった。

 箱根で見せた、挑むような走り。これは若葉総合高校時代からのものだ。3年連続出場した東京都駅伝では、2年、3年と1区を担当、2年連続区間記録を更新した。2年時は同じ1区に「2強」と目されていた神戸駿介(現・駒澤大学)と今回同じ10区を走った宍倉健浩(現・早稲田大学)がいた。

「チャレンジャーという立場だったので、行けるところまで行ってやろうと思った」という嶋津は、第一グループにいた2人に食らいついた。終盤、一度は大きく離されたものの、ラスト500mでスパート。トップでゴールした。

【次ページ】 3年生では2位に1分差つけて区間新。

BACK 1 2 3 4 5 6 7 NEXT
創価大学
嶋津雄大

陸上の前後の記事

ページトップ