Number Web MoreBACK NUMBER

【波乱の箱根駅伝】4区で逆転1位の創価大・嶋津雄大「目の病気で、70m廊下を往復してた高校時代」 

text by

林田順子

林田順子Junko Hayashida

PROFILE

photograph byTakeshi Nishimoto

posted2021/01/02 15:00

【波乱の箱根駅伝】4区で逆転1位の創価大・嶋津雄大「目の病気で、70m廊下を往復してた高校時代」<Number Web> photograph by Takeshi Nishimoto

第97回箱根駅伝で4区を走り、トップになりチームの往路初優勝に貢献した創価大・嶋津雄大(3年)

「ここで活躍すれば、主人公だよな!」

 初の箱根駅伝出走で、ラストの10区を走る。そのプレッシャーは大きいものであることは想像に難くない。

「10区で走ると決まってからは、チームメイトから“ラスト任せたぞ”とか、“嶋津にかかってるからな!”って言われてて。めっちゃプレッシャーかけてくるじゃん!って思いながらも、ナーバスになるキャラでもないので『俺にまかせろ!』みたいなことを言ってたんですが……当日になったら足が震えるぐらい緊張しちゃって……」

 鶴見中継所で、その緊張にいち早く気づいたのが、当日サポート役についた小野寺勇樹だった。

 実は嶋津はアニメやライトノベル好き。自分でもライトノベルを書き、その一部をTwitter上で公開もしている。

「以前、小野寺に『俺は主人公になりたい。モブ(アニメや映画業界で大衆や群衆などを指す)で自分の人生を生きたくない』って話をしたことがあって。それを覚えていてくれてたのかわからないんですけど、スタート前に『ここで勝ったら、お前主人公だぞ!』って言ってくれたんですよ。アニメの主人公って、ピンチをチャンスに変えて、絶対に勝ってくるじゃないですか。確かにここで活躍すれば、主人公だよな! と思ったら、緊張が止まったんです」

「こんなにやばいのかよ」

 とはいえ、復路の鶴見中継所で、11位でタスキを受け取った嶋津と、シード圏内である10位中央学院大との差は55秒あった。

「待っていても、石津(佳晃)先輩が全然来ないんですよ。10位行っちゃったぞ、何秒経ったんだ? って思ったときにやっと先輩の姿が見え始めて。正式にどれぐらい離れているかは、わからなかったけど、こんなにやばいのかよ、って焦りました」

 榎木和貴監督の指示は「最初は抑えめで」だった。だが、嶋津はスタート直後から飛び出す。

「箱根に出るぐらいだから、どの大学も強い選手ばかりじゃないですか。だから、とにかく前に追いつかないと!という気持ちで突っ走ったのだけは覚えています」

【次ページ】 突っ込んでいることはわかっていた。

BACK 1 2 3 4 5 6 7 NEXT
創価大学
嶋津雄大

陸上の前後の記事

ページトップ