野球クロスロードBACK NUMBER

早大野球部「楽天でもマー君みたいになるんじゃね?」 ドラ1早川隆久が高卒プロ入りを諦め、“155km”無双するまで

posted2020/12/15 17:02

 
早大野球部「楽天でもマー君みたいになるんじゃね?」 ドラ1早川隆久が高卒プロ入りを諦め、“155km”無双するまで<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

2020年ドラフト会議、最多タイ・4球団から指名を受けた早稲田大学エース・早川隆久。楽天入団を発表した

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 2020年のドラフト会議、最多タイ・4球団から指名を受けた早稲田大学エース・早川隆久(22歳)。楽天入団を発表した早川が振り返る“高卒プロ入り”を諦めて、“ドラ1投手”になるまで――。(インタビュー後編へ続く)

 見知らぬ視線と声が、格段に増えた。

 街を歩いていると、野球ファンらしき人間が何度も自分を見返してくる。練習などで大学の野球場に行けば、帽子や色紙を片手に出待ちするファンもいる。

 あの日を境に、早稲田大学・早川隆久の生活は「だいぶ変わった」という。

「人に見られているって思うと、行動に気をつけないといけないな、とは感じます」

 ドラフト会議当日の10月26日。野球部の安部寮で指名を待っていた早川は、どこか他人事のようにテレビ画面を見つめていた。

 ストレートの最速は155キロ。完成度の高さから「アマチュアナンバー1投手」と注目を浴びていることを認識しながら、その興味は自分ではなく、明治大の入江大生や慶応大の木澤尚文、法政大の鈴木昭汰ら、しのぎを削ってきたライバルたちの行方だったのだという。

 自分が主役のひとりなのだと気づいたのは、運命が決まる直前だった。

 ヤクルト、楽天、西武、ロッテ。各球団の代表者が抽選箱の前で封筒を手にしたとき、早川の胸の鼓動が急速に高まった。

思わず「あっ!」

 あっ!

 反射的に心の声が弾んだ。

 4球団による競合の末、早川との交渉権を獲得したのは楽天だった。

 ドラフト注目の投手が胸中を語る。

「ヤクルト、西武、ロッテは関東の球団なんで、馴染み深い感じだったんですよ。そこで『東北楽天』って決まった瞬間に、思わず『あっ!』って。何かの縁を感じました」

 石井一久GM(来季から監督兼任)が、父親の名が「隆」で、自分の名には「久」がついており、早川「隆久」と縁があると述べたこと。昨年まで2年連続でクジを外した右手ではなく、利き腕の左手で自分を引き当ててくれた。何より同じ千葉県出身。スカウト部長の後関昌彦も同郷の先輩で、担当スカウトの沖原佳典が、社会人のNTT東日本時代を千葉で過ごしたことにも縁を感じた。

「宮城県に招かれたというか……」

 自らの人生からも宿縁を感じている。

 2006年、小学2年の夏。甲子園決勝で、早稲田実・斎藤佑樹と駒大苫小牧・田中将大の投げ合いに魅了された。

【次ページ】高卒でのプロ入りを断念した理由

1 2 3 4 5 NEXT
東北楽天ゴールデンイーグルス
早川隆久
早稲田大学
石井一久

プロ野球の前後の記事

ページトップ