村田諒太「王者の本棚」BACK NUMBER

『地上最強の男 世界ヘビー級チャンピオン列伝』社会背景を映し出していた、ボクシングの歴史を紐解く。 

text by

村田諒太

村田諒太Ryota Murata

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2020/11/29 07:00

『地上最強の男 世界ヘビー級チャンピオン列伝』社会背景を映し出していた、ボクシングの歴史を紐解く。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『地上最強の男 世界ヘビー級チャンピオン列伝』百田尚樹著 新潮社 1900円+税

 世界ヘビー級チャンピオンの物語を通じて、ボクシングという競技が常に社会とともに、そして歴史とともにあることを教えてくれる一冊です。ボクシング人気がアメリカで根づき、それが長く続いてきた理由が理解できます。

 人種差別が激しかった20世紀初頭のアメリカで登場したのがジャック・ジョンソンでした。当時、黒人ボクサーは世界タイトルに挑戦できず、「世界有色人種ヘビー級」という別枠のタイトルで戦わなければなりませんでした。命の危険を顧みずに異を唱えたのがジョンソン。黒人初の世界挑戦にこぎつけ、そしてチャンピオンになったのです。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 650文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

NBA, The Great Legacy 1990-2020八村塁とスーパースターの時代

関連記事

ボクシングの前後の記事

ページトップ