村田諒太「王者の本棚」BACK NUMBER

『二千日回峰行者 酒井雄哉 大阿闍梨 超人の教え』「実を突く」大阿闍梨の言葉が与えてくれる、生き方のヒント。 

text by

村田諒太

村田諒太Ryota Murata

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2020/11/01 07:00

『二千日回峰行者 酒井雄哉 大阿闍梨 超人の教え』「実を突く」大阿闍梨の言葉が与えてくれる、生き方のヒント。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『二千日回峰行者 酒井雄哉 大阿闍梨 超人の教え』中尾清光著 中央公論新社 1600円+税

 この本の主人公で天台宗の僧侶、酒井雄哉大阿闍梨(ゆうさいだいあじゃり)は千日回峰行を1980年、1987年と2度満行されています。

 千日回峰行は7年かけて一日約40km、50km、84km、30kmと千日間歩きます。映像で見たことがありますが、念仏を唱えながらけものみちを進んで礼拝していく姿は圧倒されます。9日間飲まず食わず眠らずの「堂入り」や火あぶり地獄とも称される「十万枚大護摩供」という荒行もあります。極限の極限まで己を追い込んでいくのです。

 二千日回峰行を果たしたのは、織田信長の比叡山焼き討ちがあってから酒井大阿闍梨で3人目だったそうです。まさに本のタイトルのとおり「超人」です。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 643文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

桜の再会~ラグビーW杯ベスト8から1年~

関連記事

他競技の前後の記事

ページトップ