村田諒太「王者の本棚」BACK NUMBER

『心の整えかた トップアスリートならこうする』実践的なスポーツ心理学で、本音を認め感情と向き合う。 

text by

村田諒太

村田諒太Ryota Murata

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2020/10/18 07:00

『心の整えかた トップアスリートならこうする』実践的なスポーツ心理学で、本音を認め感情と向き合う。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『心の整えかた トップアスリートならこうする』田中ウルヴェ京著 NHK出版 762円+税

 いろんなジャンルの本を読み漁っていても、少なからず偏ってしまう傾向ってありますよね?

 僕はアルフレッド・アドラーとか、どうしても心理学の本が多いように思います。無意識に自分の知識を肯定するための理論武装でもしようとしているのか、結局同じ系統の本を読んでいるなってあらためて気づかされます。

 一般の心理学もスポーツ心理学も、共通しているところは非常に多い。最近読んだなかで凄く実践的なスポーツ心理学の本だなと感じたのが、ソウル五輪シンクロ・デュエットのメダリストでメンタルトレーニング指導士の田中ウルヴェ京さんが書かれた『心の整えかた』。NHKラジオのテキストとして出版されたもので、現役時代の体験やメンタルトレーニング指導の経験をもとに分かりやすく簡潔に書かれています。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 557文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<秋競馬GIプレビュー>三冠親仔伝説

関連記事

他競技の前後の記事

ページトップ