Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

坂本勇人「“戦友”を酔わせた2000本」~高校時代の恩師が語る~

posted2020/11/21 07:00

 
坂本勇人「“戦友”を酔わせた2000本」~高校時代の恩師が語る~<Number Web> photograph by KYODO

坂本勇人は31歳の若さで大記録を達成した

text by

高川武将

高川武将Takeyuki Takagawa

PROFILE

photograph by

KYODO

ジャイアンツ生え抜きのスターが、31歳の若さで達成した大記録。その瞬間を東京ドームのスタンドで目撃した恩師が、教え子との特別な関係を振り返った。

 11月8日、2000本安打を達成する2時間ほど前のことだ。試合前のグラウンドに現れた坂本勇人は、応援にかけつけた青森・光星学院高(現八戸学院光星)時代の旧友とバックネット越しに談笑していた。

「けっつぁんは来てるの?」

 坂本は聞いた。「けっつぁん」とは、高校の恩師である金澤成奉(現明秀日立監督)に、その顎の形から坂本たちが陰で付けた呼び名だ。旧友が指さす先のスタンドにいる恩師を見て、こくりと頭を下げる。

「けっつぁんに言うといてや。今日俺が打たれへんかったら、けっつぁん、だいぶ『下げチン』やぞって」

 そう笑って言い放つと、ノックの輪の中に入って行った。記録達成のプレッシャーが本当にあったのか、疑いたくなる話だ。

「伝言」を聞いた金澤は苦笑交じりに言う。

「そんなこと言いやがってね。確かに、アイツと俺は相性が悪いから、打たれへんちゃうかなとも思いましたけど」

 実際はまるで違った。初回の第1打席、泳ぎながらも巧みなバットコントロールで捉えた打球は左翼線に弾んだ。31歳10カ月という史上2番目の若さでの偉業を、恩師の前であっさりとやってのけたのだ。

「あのヤンチャ坊主が球界を代表する選手になって、2000本を打って祝福される。ここまで来れたのはなぜなのか、その瞬間を目の当たりにしたいと思ったんです」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2527文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

NBA, The Great Legacy 1990-2020八村塁とスーパースターの時代
坂本勇人
読売ジャイアンツ
八戸学院光星高校
金澤成奉

プロ野球の前後の記事

ページトップ