ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

「他のベテラン選手はどうしている?」オシムが日本でずっと気になっていた“あの選手”とは

posted2020/11/12 17:03

 
「他のベテラン選手はどうしている?」オシムが日本でずっと気になっていた“あの選手”とは<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

11月1日に電話でのインタビューに答えたイビチャ・オシム(撮影別日)

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 イビチャ・オシムとは定期的に連絡を取り続けている。ここに掲載するのは、11月1日の電話による直近の会話である。

 前編では中村憲剛の引退について語ったオシムだったが、話題は現在オーストリア(グラーツ)で2試合をおこなう日本代表への期待、そして自身の近況へと移っていった――。(#1から続く/全2回)

◆◆◆

オーストリア代表に見た「2つの成功」

オシム ここ(オーストリア・グラーツ)でどんな相手と試合をするのか教えてくれ。

――メキシコとパナマです。

オシム スタジアムは?

――シュトルムのスタジアムだと思います。

オシム そうか。私も見に行ける。いい試合になるだろう。一緒に見れるといいが。

――そうですね。

オシム 日本がどのぐらい進歩したかを見ることができる。メキシコは優れたチームで、日本の実力を測るには最適だ。技術的に優れたとてもシリアスなチームだ。

 私は他のいくつかの試合にも期待している。この時期のヨーロッパでは多くの試合がある。ここオーストリアでも、かつて私のもとでプレーした選手(フランコ・フォーダ)が今は代表監督を務めている。ここまでとてもよくやっている。多くの試合で勝利をおさめた。内容的には必ずしも満足はできないが、結果を得ているのは評価できる。ともに1対0(10月のヨーロッパ・ネーションズリーグ、北アイルランドとルーマニアにアウェーで連勝)だったが勝ちは勝ちだ。十分な結果だ。勝ち点を積み上げることが重要であるからだ。

 彼らは2つの面で成功をおさめた。1つはチームの世代交代を完全に成し遂げたことだ。ベンチまで含めて完ぺきな若返りを果たした。もちろんピッチの上でもだ。もう1つは若い選手たちによってプレーも変わったことだ。日本は何か新しいことはあるのか?

――あまりありません。

オシム チームはもうできているのか?

――まだ発表されていません。

オシムが気になる「ジェフのこと」

オシム それでジェフはどうなっているのか?

――ジェフは……、とても平凡です。本当にごく並のチームです。

【次ページ】「素晴らしい技術を備えたスターだった」

1 2 3 4 NEXT
イビチャ・オシム
遠藤保仁

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ